DeNA井納とロッテ唐川はおいしい「Cランク」 FA巨人参戦も

公開日: 更新日:

 DeNAの井納翔一投手(34)と梶谷隆幸外野手(32)が、ともに今季取得した国内FA権行使の可能性があるという。

 梶谷は14年目の今季、リーグ2位の打率・323、19本塁打を放ち、「人生の岐路。これからじっくり考えたい」とコメント。先発で6勝を挙げた井納も「これからゆっくり考えたい」と含みを持たせている。

 梶谷を巡っては、複数球団が獲得に名乗りを上げるとされる。一方、FA市場で静かに注目を集めているのが井納である。

 2012年のドラフト3位でDeNAに入団すると、14年に11勝を挙げるなど、通算50勝60敗1セーブ、防御率3・94。18年に右肘の手術を受けたものの、今季は17試合で6勝7敗、防御率3・94の成績を残した。現在34歳という年齢がネックだが、今季の年俸は6100万円。「Cランク」とみられることで、こちらも人気になりそうだというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  4. 4

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  5. 5

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  6. 6

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  7. 7

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

もっと見る