著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

ベルギー1部の伊藤涼太郎は「短期間で新天地に行けるようにしたい」と野心を露わにした

公開日: 更新日:

伊藤涼太郎(シントトロイデン/MF/25歳)

「欧州の中で日本人選手が存在感を放って活躍しているなと思いました」

 9月26日に欧州視察から帰国し、報道陣の前でこう語った日本代表の森保一監督。その最たる存在が今夏ベルギー1部・シントトロイデンへ赴いた伊藤涼太郎だろう。

 彼は指揮官が訪れた9月17日のメヘレン戦で新天地初ゴールをゲット。「森保さんが来ると聞いていた中、自分がベルギー初得点を取れた。すごく嬉しかったですね」と素直に喜んだ。苦労人のファンタジスタの10月代表選出はあるのか?

 佳境を迎えつつある2023年J1だが、序盤戦の話題をさらったのが、6年ぶりにJ1に復帰したアルビレックス新潟の快進撃だった。

 けん引役となったのが、今季前半7ゴールを挙げた伊藤だ。

「松橋(力蔵)監督は本当に自分のプレースタイルに合うサッカーをしてくれたし、いい意味で自由を与えてくれた。『悔しい気持ちや不完全燃焼感を本当の意味でぶつける場所はピッチ上しかない』と言い続けてくれて、常に背中を押してくれた」と自分を理解してくれる指揮官との出会いが大きかったと彼は言う。

 新潟に至るまで伊藤は浦和レッズを皮切りに、水戸ホーリーホック、大分トリニータとレンタルを繰り返し、6年間を費やした。

 その間、同い年の三笘薫(ブライトン)や前田大然(セルティック)は大きく羽ばたき、東京五輪やA代表に上り詰めた。彼は焦燥感と悔しさにさいなまれた。

「三笘選手のことは僕が水戸にいた頃、筑波大学と何度か練習試合をさせてもらった関係で知っていました。でも当時は今ほど別格ではなかった。それが2020年に川崎入りしてから一気にブレイクした。『俺は一体、何やってるんだ』と焦りを感じましたね。2021年の東京五輪、去年のカタールW杯でも彼ら同世代の面々が強豪国と互角に渡り合っていた。『このままじゃいけない』と思ったのは確かです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  2. 2

    「アッコにおまかせ!」存続危機 都知事選ミスリードで大炎上…和田アキ子には“75歳の壁”が

  3. 3

    ロッテ佐々木朗希「強硬姿勢」から一転…契約合意の全真相 球団があえて泥を被った本当の理由

  4. 4

    仁義なき「高校野球バット戦争」…メーカー同士で壮絶な密告合戦、足の引っ張り合い、広がる疑心暗鬼

  5. 5

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  1. 6

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  2. 7

    東山紀之はタレント復帰どころじゃない…「サンデーLIVE‼」9月終了でテレビ界に居場所なし

  3. 8

    《クソ映画でした》…「海猿」原作者が苦悩を告白 主演の伊藤英明が放った失礼すぎる一言

  4. 9

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  5. 10

    西武・渡辺監督代行に貧打地獄を直撃!「ここまで打てないほど実力がないとは思ってない」とは言うものの…