「包丁侍 舟木伝内」陶智子、綿抜豊昭著

公開日: 更新日:

 江戸時代に加賀藩前田家の料理に携わった料理人・舟木伝内包早(かねはや)と子孫の生涯を追い、その料理哲学に迫った歴史エッセー。

 加賀料理の源流ともいえるその料理は、「圧倒的な知識と卓越した発想にあふれ」藩主らをうならせたという。

 加賀藩の重臣奥村家の料理人だった包早は、21歳で「御料理人」として召し出され御台所御用を務めることになる。時の藩主は、5代綱紀。以来、代々の藩主につかえ、58歳にして領地を与えられるまでに出世、子の安信は御料理人の頂点にまで上りつめる。綱紀が好んだ献立なども紹介しながら一族の仕事を詳述。さらに舟木家の料理書をもとに加賀の大名料理の数々を再現する。

(平凡社 1600円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  2. 2

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  3. 3

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  4. 4

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  5. 5

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  6. 6

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  7. 7

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  8. 8

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    “映え写真”のために手伝うフリ…身バレした女性が大炎上

もっと見る