「増補二人の天魔王 信長の正体」明石散人著

公開日:  更新日:

「二人の天魔王」とは織田信長と室町幕府6代将軍、足利義教のこと。並び称せられるのが驚きだが、どちらがすごいかといえば、本書で「無類の上」として信長以上に評価するのが義教だ。

 戦国時代の最大のスター、当時から戦前までの350年間、ただの一度も歴史の表舞台に登場しなかった人物で、戦後の東映時代劇がスポットを当て、秀吉や家康に勝る人物として取り上げられるようになった。著者は信長の偉業、合戦の評価なども後世に作られたものと指摘。本能寺の変の真相にも鋭く迫る。

 しかも、信長が取ったさまざまな策はすべて義教が先駆だったという歴史の不思議をひもとく。信長はどうまつり上げられ、義教はなぜ埋もれたのか。日本史は奇々怪々だ。

(ビジネス社 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る