• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「増補二人の天魔王 信長の正体」明石散人著

「二人の天魔王」とは織田信長と室町幕府6代将軍、足利義教のこと。並び称せられるのが驚きだが、どちらがすごいかといえば、本書で「無類の上」として信長以上に評価するのが義教だ。

 戦国時代の最大のスター、当時から戦前までの350年間、ただの一度も歴史の表舞台に登場しなかった人物で、戦後の東映時代劇がスポットを当て、秀吉や家康に勝る人物として取り上げられるようになった。著者は信長の偉業、合戦の評価なども後世に作られたものと指摘。本能寺の変の真相にも鋭く迫る。

 しかも、信長が取ったさまざまな策はすべて義教が先駆だったという歴史の不思議をひもとく。信長はどうまつり上げられ、義教はなぜ埋もれたのか。日本史は奇々怪々だ。

(ビジネス社 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る