• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「増補二人の天魔王 信長の正体」明石散人著

「二人の天魔王」とは織田信長と室町幕府6代将軍、足利義教のこと。並び称せられるのが驚きだが、どちらがすごいかといえば、本書で「無類の上」として信長以上に評価するのが義教だ。

 戦国時代の最大のスター、当時から戦前までの350年間、ただの一度も歴史の表舞台に登場しなかった人物で、戦後の東映時代劇がスポットを当て、秀吉や家康に勝る人物として取り上げられるようになった。著者は信長の偉業、合戦の評価なども後世に作られたものと指摘。本能寺の変の真相にも鋭く迫る。

 しかも、信長が取ったさまざまな策はすべて義教が先駆だったという歴史の不思議をひもとく。信長はどうまつり上げられ、義教はなぜ埋もれたのか。日本史は奇々怪々だ。

(ビジネス社 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

  10. 10

    国債の取引不成立が続出…日銀の異次元緩和は完全にドロ沼

もっと見る