「増補二人の天魔王 信長の正体」明石散人著

公開日:  更新日:

「二人の天魔王」とは織田信長と室町幕府6代将軍、足利義教のこと。並び称せられるのが驚きだが、どちらがすごいかといえば、本書で「無類の上」として信長以上に評価するのが義教だ。

 戦国時代の最大のスター、当時から戦前までの350年間、ただの一度も歴史の表舞台に登場しなかった人物で、戦後の東映時代劇がスポットを当て、秀吉や家康に勝る人物として取り上げられるようになった。著者は信長の偉業、合戦の評価なども後世に作られたものと指摘。本能寺の変の真相にも鋭く迫る。

 しかも、信長が取ったさまざまな策はすべて義教が先駆だったという歴史の不思議をひもとく。信長はどうまつり上げられ、義教はなぜ埋もれたのか。日本史は奇々怪々だ。

(ビジネス社 2200円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る