「鷹ノ目」犬飼六岐著

公開日:  更新日:

 勧賞金目当てで犯科人捜しをしながら諸国を巡る条四郎は、ある目的で都に入るが、信長の放った火で、捜していた品と男は燃えた後だった。都を出て、斑鳩の知人の家に到着すると、殺気立った村人たちに囲まれる。村人によると、落書で家の主・吉兵衛が法隆寺に入った夜盗と定まったので、殺して家を焼くという。法隆寺の寺男だった吉兵衛の弟・安之助が、1年前に夜盗に殺された。その夜盗を捕まえた条四郎には、吉兵衛が弟の殺された場所に盗みに入るとは思えない。条四郎は、村人たちが来る前に逃げ出していた吉兵衛の行方を捜す。

 戦国時代の賞金稼ぎを主人公にした連作集。(文藝春秋 1550円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る