日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ウザいあの人を一瞬で手なずけるオトナの社交術」バルバラ・ベルクハン著、小川捷子訳

 ほら吹きやおしゃべり、かんしゃく持ち、不平屋など、身近な「困った人」たちをいかにして受け入れ、うまく付き合っていくかを教えてくれるコミュニケーション・テキスト。

 私たちは、自分が正しいと思っている行動を他人にも要求する。その要求を満たさない人が扱いにくい人となる。ゆえに扱いにくさとは、実は自分が作りだしたものだと著者は説く。「他人を変えることはできないけれど、自分を変えることはできる」との前提に立ちながら、それぞれの困った人との具体的な付き合い方を伝授。例えば、かんしゃく持ちとつきあうには、腫れ物に触るように扱わず、毅然と意思表示をするなど。エピソードを交え具体的に解説。(CCCメディアハウス 1500円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事