天笠啓祐氏推薦 2016年の「科学技術」を読み解く3冊

公開日:  更新日:

 2016年を読み解くキーワードは「失われる制御」である。「科学・技術の危機 再生のための対話/池内了著」の中で、「GRAINN」という言葉が紹介されている。これは人間と人工物の境界が見失われつつある領域で、暴走を始めた最前線といえる。Gはゲノミクス、Rはロボット、AIは人工知能、NNはニューロサイエンス(脳科学)とナノテクノロジーで、生命科学や医療の分野が多い。

 本書では、その要因として「科学の技術化」を挙げている。分かりやすく言えば、科学が経済の論理に屈していることを意味する。企業の支配下に入った科学者・技術者は、狭い領域でしか物事を考えず、ムラを形成し、批判する者に対しては攻撃的になる構造がつくられている、と指摘している。

 失われた制御の代表が原発である。悲惨な事故からまだ5年も経たないのに、再稼働、原発輸出が進められている。「世界の原発産業と日本の原発輸出/中野洋一著」は、世界の中で日本が最も強力に原発輸出を進めている理由が示されている。東芝がウェスチングハウス社を買収して以来、日本の企業が原発輸出の最前線におり、そのためには日本で原発が稼働していなければならない。暴走が起きる条件がつくられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  3. 3

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  6. 6

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

  7. 7

    和田アキ子の大晦日が“空白” NHK紅白サプライズ出演あるか

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  10. 10

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

もっと見る