天笠啓祐氏推薦 2016年の「科学技術」を読み解く3冊

公開日: 更新日:

 2016年を読み解くキーワードは「失われる制御」である。「科学・技術の危機 再生のための対話/池内了著」の中で、「GRAINN」という言葉が紹介されている。これは人間と人工物の境界が見失われつつある領域で、暴走を始めた最前線といえる。Gはゲノミクス、Rはロボット、AIは人工知能、NNはニューロサイエンス(脳科学)とナノテクノロジーで、生命科学や医療の分野が多い。

 本書では、その要因として「科学の技術化」を挙げている。分かりやすく言えば、科学が経済の論理に屈していることを意味する。企業の支配下に入った科学者・技術者は、狭い領域でしか物事を考えず、ムラを形成し、批判する者に対しては攻撃的になる構造がつくられている、と指摘している。

 失われた制御の代表が原発である。悲惨な事故からまだ5年も経たないのに、再稼働、原発輸出が進められている。「世界の原発産業と日本の原発輸出/中野洋一著」は、世界の中で日本が最も強力に原発輸出を進めている理由が示されている。東芝がウェスチングハウス社を買収して以来、日本の企業が原発輸出の最前線におり、そのためには日本で原発が稼働していなければならない。暴走が起きる条件がつくられている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  5. 5

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  6. 6

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    テラハ問題でも変らない バラエティーの常識は世の非常識

  9. 9

    議事録を残さないのは議論を隠蔽して闇に葬り去るためか

  10. 10

    「東京アラート」は音なし…小池都知事は再選に向け蠢動中

もっと見る