• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

脱原発は不可能か? 国民を守れない日本を支配している構造

「日本はなぜ、『基地』と『原発』を止められないのか」矢部宏治著

 史上最悪の原発事故となった3・11福島第1原発事故。すぐにドイツやイタリアは原発廃止を打ち出したのに、当の日本は再稼働を急いだ。なぜやめられないのか? そんな単純な問いへの答えさえ出せない日本とは何なのか。元広告マンで小出版社をいとなむ著者はその答えの糸口を3.11前の沖縄取材旅行でつかんだという。

 広大な米軍基地のある沖縄では米軍住宅地の上だけ軍用機の訓練がおこなわれない。それは米軍の陰謀というより「住宅地上空では訓練しない」という米国の法規に従っているため。しかし地元の日本人住宅地では日本政府が止めない限り、米軍は訓練を控える理由がないのだ。要は日本政府が国民を守っていないのである。

 同じ構造が原発問題にもある。米国から日本への核燃料の調達や再処理、資機材・技術の導入などを取り決めた1988年以来の日米原子力協定は条約の大半が米の同意なしに独自に政策を変えられないと決めているのだ。著者はこの構造が、戦前の天皇崇拝を温存する「天皇+米国」支配なのだと看破する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る