• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「犬死伝」小嵐九八郎著

 主人公は、江戸赤坂に住む小島四郎左衛門将満。郷士にして大地主の小島兵馬の三男として生まれたが、長兄は亡くなり、次兄は旗本にもらわれたため、跡取りとして育てられた。

 農村の生活を知る四郎は、自らの娘でさえ生活の厳しさのために身売りに出さなければならない農民の生活の苦しさを知っていたため、「年貢半減」と「倒幕」という夢を抱くようになり、「青雲隊」を結成。後の西郷隆盛である薩摩藩の西郷吉之助との出会いを経て、相楽総三と名乗るようになり、幕府に揺さぶりをかけるべく強盗や放火に及んだ。しかし、そうした志と反するかのように、いつしか薩摩に裏切られ「偽官軍」と呼ばれて追われる身となっていく。

 幕末期、相楽総三が率いる青雲隊が赤報隊となっていく過程や、その後の歴史をもとに描かれたフィクション。世直ししたい一心で理想に燃えて突き進む青年の目を通して、混乱極まった江戸で起きた駆け引きと悲劇を追う。(講談社 1900円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  10. 10

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

もっと見る