女性から女性へ受け継がれた“バトン”

公開日:

「キャスターという仕事」国谷裕子著/岩波新書

 策士といわれた自民党の長老、松野頼三が、首相になる前の竹下登をこう評した。

「あの人は、いわば水みたいな人だろうね。だから、佐藤栄作という器のときには佐藤の色になり切り、田中角栄のときは田中になり切り、田中角栄の性格、趣味、カネを敏感に映す鏡のような人だ。むろん、中曽根康弘のときは中曽根の器になり切る」

 これを読んで、私は現官房長官の菅義偉を思い出した。菅はリベラルの加藤紘一の派閥に属していたこともある。それが正反対の安倍晋三のお庭番になれるのだから、まさに「水みたいな人」だろう。しかし、その水はきれいな水ではなく泥水である。

 竹下に理念がなかったように菅にも理念はない。だから、かつて激しく批判していた創価学会とも平気で手を結べるのである。

 毒性の強い隠花植物のような菅に、NHKの「クローズアップ現代」のキャスターだった国谷は正面から尋ねた。閣議決定で憲法解釈を変更し、集団的自衛権の部分的行使を可能にしたことが問題となっていた2014年7月3日放送の番組でである。

「この憲法解釈の変更に漠然とした不安が広がっている世論の流れを強く意識していた」国谷は、繰り返しそれを尋ね、最後にまた、「しかし、そもそも解釈を変更したということに対する原則の部分での違和感や不安は、どうやって払拭していくのか」と質問する。残りの時間がなく、放送は菅の答えの途中で終わってしまった。

「生放送における時間キープも、当然、キャスターの仕事であり、私のミスだった」と国谷は認めつつも、「聞くべきことはきちんと聞く。角度を変えてでも繰り返し聞く。とりわけ批判的な側面からインタビューをし、そのことによって事実を浮かび上がらせる。それがフェアなインタビューではないだろうか」と書く。その通りだろう。

 このインタビューが菅を中心とする首相官邸の不評を買い、国谷の降板につながったと、いくつかのメディアで報道された。

 しかし、国谷は「聞くべきことはきちんと聞く。繰り返し聞く」というジャーナリストの原則を貫いたに過ぎないのではないか。先日、加計学園の問題で菅に食い下がった東京新聞社会部の望月衣塑子記者のことが話題になった。国谷から望月にバトンが渡されたとも言えるが、女性から女性へである。男どもは何をしているのかと大喝したい。 ★★★(選者・佐高信)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る