• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「身近な鳥のすごい事典」細川博昭著

 身近な鳥の来歴や日本人との関わりを文化誌の視点からまとめた事典。

 世界中どこでも見られるドバト(堂鳩)は、もともとは地中海沿岸から中東、インドにかけて生息していたカワラバトを品種改良して生み出された。日本には飛鳥時代前後にネコなどとともに中国から渡来したのが起源という。高い記憶能力と視覚処理能力を持つハトの帰巣本能を利用した伝書バトは、古代メソポタミアに始まったそうだ。しかし、日本では18世紀後半以降と遅く、天明3(1783)年に伝書バトを使って米相場の情報を違法に伝達した商人が捕縛されたという記録が残っている。

 その他、ツバメやホトトギスなど、お馴染みの35種の鳥の意外な歴史と生態を紹介。 (イースト・プレス 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る