「身近な鳥のすごい事典」細川博昭著

公開日:  更新日:

 身近な鳥の来歴や日本人との関わりを文化誌の視点からまとめた事典。

 世界中どこでも見られるドバト(堂鳩)は、もともとは地中海沿岸から中東、インドにかけて生息していたカワラバトを品種改良して生み出された。日本には飛鳥時代前後にネコなどとともに中国から渡来したのが起源という。高い記憶能力と視覚処理能力を持つハトの帰巣本能を利用した伝書バトは、古代メソポタミアに始まったそうだ。しかし、日本では18世紀後半以降と遅く、天明3(1783)年に伝書バトを使って米相場の情報を違法に伝達した商人が捕縛されたという記録が残っている。

 その他、ツバメやホトトギスなど、お馴染みの35種の鳥の意外な歴史と生態を紹介。 (イースト・プレス 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る