「身近な鳥のすごい事典」細川博昭著

公開日:  更新日:

 身近な鳥の来歴や日本人との関わりを文化誌の視点からまとめた事典。

 世界中どこでも見られるドバト(堂鳩)は、もともとは地中海沿岸から中東、インドにかけて生息していたカワラバトを品種改良して生み出された。日本には飛鳥時代前後にネコなどとともに中国から渡来したのが起源という。高い記憶能力と視覚処理能力を持つハトの帰巣本能を利用した伝書バトは、古代メソポタミアに始まったそうだ。しかし、日本では18世紀後半以降と遅く、天明3(1783)年に伝書バトを使って米相場の情報を違法に伝達した商人が捕縛されたという記録が残っている。

 その他、ツバメやホトトギスなど、お馴染みの35種の鳥の意外な歴史と生態を紹介。 (イースト・プレス 880円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  7. 7

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  8. 8

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  9. 9

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

  10. 10

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

もっと見る