「カサノヴァ」(上・下) 鹿島茂著

公開日: 更新日:

 身長190センチの美丈夫で精力絶倫、おのれの才覚のみで絶世の美女たちを次々と籠絡した、希代の色事師ジアコモ=ジロラモ・カサノヴァ。その華麗なる女性遍歴は有名な「回想録」に詳しいが、本書はその「回想録」から、9歳で下宿先の年上のベッチーナに誘惑されて弄ばれた体験から始まって、50歳を目前にして生地のベネチアに帰還する直前までのカサノヴァが語る女性体験を拾い出した、エロチック体験の一代絵巻。

 著者いわく、現代の日本男性はひとしなみにバーチャルな女しか愛し得ないドン・ファンに堕している。ドン・ファンとは理想の女を求めはするが、結局、愛するのは自分だけで、籠絡した女を片っ端から捨てていく自己中心的な男のこと。対してカサノヴァは、自分の快楽を最大化するためにまず相手の快楽を最大化することを目指した。

 これぞ生身の女性に愛される最大の秘訣。かくして、カサノヴァの多種多様な恋愛術を徹底解読した本書は、現代の日本男子の福音となる。

(キノブックス 各1900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  2. 2

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    阿炎“キャバクラ引退届”の謎 錣山親方の暴走に協会も困惑

  6. 6

    カジサックの悪評止まず…ギャラ低すぎて宮迫陣営へ流出?

  7. 7

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  8. 8

    劇的復活Vも問題はここから…照ノ富士「大関復帰」の条件

  9. 9

    阿炎キャバクラ通いバレ引退届 協会激怒も不受理の可能性

  10. 10

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

もっと見る