「カサノヴァ」(上・下) 鹿島茂著

公開日:  更新日:

 身長190センチの美丈夫で精力絶倫、おのれの才覚のみで絶世の美女たちを次々と籠絡した、希代の色事師ジアコモ=ジロラモ・カサノヴァ。その華麗なる女性遍歴は有名な「回想録」に詳しいが、本書はその「回想録」から、9歳で下宿先の年上のベッチーナに誘惑されて弄ばれた体験から始まって、50歳を目前にして生地のベネチアに帰還する直前までのカサノヴァが語る女性体験を拾い出した、エロチック体験の一代絵巻。

 著者いわく、現代の日本男性はひとしなみにバーチャルな女しか愛し得ないドン・ファンに堕している。ドン・ファンとは理想の女を求めはするが、結局、愛するのは自分だけで、籠絡した女を片っ端から捨てていく自己中心的な男のこと。対してカサノヴァは、自分の快楽を最大化するためにまず相手の快楽を最大化することを目指した。

 これぞ生身の女性に愛される最大の秘訣。かくして、カサノヴァの多種多様な恋愛術を徹底解読した本書は、現代の日本男子の福音となる。

(キノブックス 各1900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る