「カサノヴァ」(上・下) 鹿島茂著

公開日: 更新日:

 身長190センチの美丈夫で精力絶倫、おのれの才覚のみで絶世の美女たちを次々と籠絡した、希代の色事師ジアコモ=ジロラモ・カサノヴァ。その華麗なる女性遍歴は有名な「回想録」に詳しいが、本書はその「回想録」から、9歳で下宿先の年上のベッチーナに誘惑されて弄ばれた体験から始まって、50歳を目前にして生地のベネチアに帰還する直前までのカサノヴァが語る女性体験を拾い出した、エロチック体験の一代絵巻。

 著者いわく、現代の日本男性はひとしなみにバーチャルな女しか愛し得ないドン・ファンに堕している。ドン・ファンとは理想の女を求めはするが、結局、愛するのは自分だけで、籠絡した女を片っ端から捨てていく自己中心的な男のこと。対してカサノヴァは、自分の快楽を最大化するためにまず相手の快楽を最大化することを目指した。

 これぞ生身の女性に愛される最大の秘訣。かくして、カサノヴァの多種多様な恋愛術を徹底解読した本書は、現代の日本男子の福音となる。

(キノブックス 各1900円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  3. 3

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  4. 4

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  7. 7

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  8. 8

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  9. 9

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る