「小さな幸せの見つけ方」大來尚順著

公開日: 更新日:

 著者は浄土真宗本願寺派大見山超勝寺僧侶。ハーバード大学神学部研究員を経て帰国後、仏教家関係の書物の翻訳などを手掛けるなかで、“仏教の身近さ”と日常の気づきの大切さを伝えることが自分の使命と考えるようになったという。

 たとえば、失った「心の余裕」の取り戻し方の項では、子どもたちがバスの運転手に「ありがとうございました」と挨拶している場面に遭遇したとき、言葉と心のキャッチボールの大切さに気づかされ、「心を亡くすと書いて、忘れるとか、忙しいとか言いますが、バスの中で聞いた『ありがとう』という言葉は心の余裕から生まれた穏やかな気持ちの表れなのです」と語る。

 他に、「終わりのない“満足の追いかけっこ”に苦しむのではなく、どんな場所でも、その場所で自分らしくあってよい」など、24の小さな幸せの見つけ方を説く。

 (アルファポリス 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  3. 3

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る