「小さな幸せの見つけ方」大來尚順著

公開日:  更新日:

 著者は浄土真宗本願寺派大見山超勝寺僧侶。ハーバード大学神学部研究員を経て帰国後、仏教家関係の書物の翻訳などを手掛けるなかで、“仏教の身近さ”と日常の気づきの大切さを伝えることが自分の使命と考えるようになったという。

 たとえば、失った「心の余裕」の取り戻し方の項では、子どもたちがバスの運転手に「ありがとうございました」と挨拶している場面に遭遇したとき、言葉と心のキャッチボールの大切さに気づかされ、「心を亡くすと書いて、忘れるとか、忙しいとか言いますが、バスの中で聞いた『ありがとう』という言葉は心の余裕から生まれた穏やかな気持ちの表れなのです」と語る。

 他に、「終わりのない“満足の追いかけっこ”に苦しむのではなく、どんな場所でも、その場所で自分らしくあってよい」など、24の小さな幸せの見つけ方を説く。

 (アルファポリス 1300円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る