「中高年に効く!メンタル防衛術」夏目誠著

公開日:

 産業精神医が「うつ状態」にならない働き方、休み方、定年後の過ごし方を指南する心の健康テキスト。

 うつ状態=うつ病ではないが、うつ状態の患者は近年、深刻さを増している。ある企業では、中高年の約28%が抗不安剤や抗うつ剤などを服用していたという。うつ状態などに至る大きな原因のひとつは、強いストレスと蓄積された疲労。中高年は、長い職場生活で本人も気づかぬまま「慢性型勤続疲労」をためやすいが、あまり対策が講じられていない。

 心の不調の早期発見と予防にはどうすればよいのか。

 まずは自らのストレス度を自己採点する。意外に多い「昇進後のうつ」など多くの事例を紹介しながら、中高年向けメンタルヘルスのポイントを解説する。

 (文藝春秋 800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る