「隠蔽と腐敗」田中稔著

公開日: 更新日:

 安倍内閣はアメリカ製の陸上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の導入を決定した。配備先として秋田市の新屋演習場と萩市のむつみ演習場が候補に挙がった。

 新屋演習場の周辺には小・中・高校や総合病院、県庁などがあり、強力な電磁波を発するアショアの配備に反対運動が起きている。むつみ演習場ではレーダーの強力な電波が集落の上を通る。秋田市は北朝鮮から弾道ミサイルが発射された場合、ハワイ米軍基地への軌道上にあり、萩市はグアム基地への軌道の真下にある。つまりこの地点はアメリカが北朝鮮ミサイルを迎撃する「フロントライン」なのだ。

「社会新報」編集次長がミサイル防衛利権の隠蔽と腐敗を暴く。

(第三書館 1800円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  5. 5

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  6. 6

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

もっと見る