「『さみしさ』の研究」ビートたけし著/小学館/760円+税

公開日: 更新日:

「アクティブシニア」なんて言葉もあり、昨今は「老い」が礼賛される傾向もある。と思えば、いわゆる「孤独を楽しむ」的な本も売れている。一方、本書の著者・ビートたけし氏は、「老い」は誰にも訪れるものであり、そこまで礼賛すべきものではないと説く。

 前半は「老い」や「寂しさ」「定年」についてたけし氏の思想がつづられるが、週刊誌の連載をまとめたものだけに、その時々の話題となった事象をぶった切っていく。そのため、2018年や17年に発生した世のトレンドを振り返ることも可能だ。

「高齢化の波は芸能界にもやってきている。40過ぎた山口達也がアイドルを演じていたこと自体、『ブラック労働』だ」という項目がある。誰もが思っていたことだろうが、なかなか言いづらいことをビシッと言い切る。山口といえば、酔っぱらって番組共演者の女子高生を自宅に呼びキスを迫り、強制わいせつ容疑で書類送検された。発覚後、TOKIOを脱退し、事務所から契約解除となり芸能界から引退した。当時の報道は山口を非難する論調が強かったが、そもそも芸能界の「構造」に無理が生じているのでは、と喝破する。

〈20代の人気絶頂の時だけならオンナも酒も「今だけは辛抱しろ」って言えるけど、こんな歳までアイドルでいろっていうのは「一生、偶像がバレないようにしろ」って過酷過ぎるミッションなんでね。考えようによっちゃ、これほどの“ブラック労働”はない。現に酒浸りを隠していた結果が、今回の事件につながっちまった。ストレスもあったんだろうよ〉

 そして、メディアが妙な配慮をし「山口メンバー」と報じたことにも違和感を表明し、〈いっそのこと「山口組員」って呼んだほうがよっぽど面白かったんじゃないか〉などと毒舌をぶちかます。

 他にも「成人式は税金の無駄遣い」や、炎天下の甲子園で連投を続けた金足農業・吉田輝星を褒めたたえるのはハラスメントであると述べたり、高等教育無償化については〈もしどんな大学に行く学生でも学費を無償化するとしたら、税金でバカを量産してるようなものだ〉とする。

 昨今は「無菌化社会」的な言われ方をすることもあり、とにかく無難かつ諍いを起こさないことが求められるもの。職場やご近所付き合いでも、上っ面だけの美辞麗句を述べるのに疲れた方は、ガス抜きのためにも読んでみてもよいかもしれない。 ★★★(選者・中川淳一郎)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  2. 2

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  3. 3

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  4. 4

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  5. 5

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  6. 6

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  7. 7

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  8. 8

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

  9. 9

    開幕から6戦全勝 原巨人5年ぶりV奪回は“カモ虎”と共に

  10. 10

    DeNA“オープナー制”実らず データ野球浸透の壁を識者指摘

もっと見る