「失われゆく娯楽の図鑑」藤木TDC監修

公開日: 更新日:

 終戦後、復興とともにそれまでの耐え忍ぶ暮らしから解放された日本人は、多くの娯楽を楽しんだ。そして高度成長期、モーレツに働いた労働の成果も多くが娯楽に費やされ、文化・風俗が更新されてきた。つまり日本人はよく働き、よく遊んできたということだ。

 しかし今では、「多くの娯楽がパソコンやスマホという小さな機械の中に集約され」てしまった(監修者の藤木氏)。

 本書は、昭和から平成前期にかけて人々が熱中した娯楽を紹介する図鑑。例えば「トリスバー」は、終戦直後の1946年、密造酒が出回る中、安心できるウイスキー「トリス」を発売したサントリーが洋酒文化を広めるために全国にチェーン展開したバー。「サントリーバー」と合わせ、全国に3万5000店舗以上もあったという。

 その他、1970年前後に大ブームが起き、その後、90年代初めに再びブームとなったのは「ボウリング」だ。しかし、ボウリングもレジャーの多様化で衰退しつつある。

 他にも、社員旅行や町内会の催しとして盛んに行われた団体旅行やデパートの屋上遊園地、スマートボール、歌声喫茶、スーパーカーをはじめとする数々のブームなど、さまざまなジャンルの娯楽を、当時を知る体験者の声を交えながら紹介。

 もちろん健全な娯楽だけでなく、ヤクザが仕切る「鉄火場」や、路上の青空賭博「デンスケ賭博」などの非合法賭博や、赤線(売春公認区域)やのぞき部屋、愛人バンクなどの風俗系まで。100以上の娯楽を網羅。

 中にはNTTの「Q2」など、すっかり忘れていたサービスなどもあり、時代の変化の激しさにめまいがする。

 懐かしい娯楽の数々に記憶の扉がノックされ、楽しかった思い出が蘇る。

(グラフィック社 2200円)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

人気キーワード

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍