“画家”大宮エリーの絵描きスタイル 「酒を飲みながら…」

公開日:  更新日:

 作家、コピーライター、映画監督、タレント……さまざまな肩書を持つ大宮エリー(40)が、「画家」として個展を開催。28日から4カ月間にわたって青森県「十和田市現代美術館」で企画展「シンシアリー・ユアーズ-親愛なるあなたの 大宮エリーより」が行われる。会期中は大宮自身が絵を描く「ライブペインティング」のイベントも。“アーティスト”大宮を直撃した。

  ◇  ◇  ◇

 絵は“やりたくてやったわけじゃないけどやるハメになった”というか、ガンダムの操縦席にいきなり座らされて「はい、動かして」って言われ、困るけど戦いは始まっているからやるしかないという感じで始まりました。

 2012年の体験型インスタレーション(「思いを伝えること」展)を巡回していたとき、絵画キュレーターの小山登美夫さんに「モンブラン国際賞の受賞パーティーでこのインスタレーションを使いたい」と言われて、打ち合わせに行ったら主催の方に「飾るだけじゃなくて、その場で生まれるものが見たい」と。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る