“画家”大宮エリーの絵描きスタイル 「酒を飲みながら…」

公開日: 更新日:

 作家、コピーライター、映画監督、タレント……さまざまな肩書を持つ大宮エリー(40)が、「画家」として個展を開催。28日から4カ月間にわたって青森県「十和田市現代美術館」で企画展「シンシアリー・ユアーズ-親愛なるあなたの 大宮エリーより」が行われる。会期中は大宮自身が絵を描く「ライブペインティング」のイベントも。“アーティスト”大宮を直撃した。

  ◇  ◇  ◇

 絵は“やりたくてやったわけじゃないけどやるハメになった”というか、ガンダムの操縦席にいきなり座らされて「はい、動かして」って言われ、困るけど戦いは始まっているからやるしかないという感じで始まりました。

 2012年の体験型インスタレーション(「思いを伝えること」展)を巡回していたとき、絵画キュレーターの小山登美夫さんに「モンブラン国際賞の受賞パーティーでこのインスタレーションを使いたい」と言われて、打ち合わせに行ったら主催の方に「飾るだけじゃなくて、その場で生まれるものが見たい」と。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  3. 3

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  4. 4

    山口達也容疑者の飲酒事故がTOKIO松岡の仕事に影を落とす

  5. 5

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  6. 6

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  7. 7

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  8. 8

    日ハム若手が結婚公表を渋るのは…稲葉侍J監督夫妻が原因

  9. 9

    中曽根元首相の合同葬 国の“コロナ対策”予算から9600万円

  10. 10

    プロ野球契約最終年 首筋が寒い監督4人「去る者 残る者」

もっと見る