“画家”大宮エリーの絵描きスタイル 「酒を飲みながら…」

公開日: 更新日:

 作家、コピーライター、映画監督、タレント……さまざまな肩書を持つ大宮エリー(40)が、「画家」として個展を開催。28日から4カ月間にわたって青森県「十和田市現代美術館」で企画展「シンシアリー・ユアーズ-親愛なるあなたの 大宮エリーより」が行われる。会期中は大宮自身が絵を描く「ライブペインティング」のイベントも。“アーティスト”大宮を直撃した。

  ◇  ◇  ◇

 絵は“やりたくてやったわけじゃないけどやるハメになった”というか、ガンダムの操縦席にいきなり座らされて「はい、動かして」って言われ、困るけど戦いは始まっているからやるしかないという感じで始まりました。

 2012年の体験型インスタレーション(「思いを伝えること」展)を巡回していたとき、絵画キュレーターの小山登美夫さんに「モンブラン国際賞の受賞パーティーでこのインスタレーションを使いたい」と言われて、打ち合わせに行ったら主催の方に「飾るだけじゃなくて、その場で生まれるものが見たい」と。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  2. 2

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  3. 3

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  4. 4

    学会員の動き鈍く…投票率上昇で公明「選挙区1勝6敗」危機

  5. 5

    浅田真央「24時間テレビ」起用で日テレが弾くソロバン

  6. 6

    宮迫のしくじりで好機 ミキらお笑い“第7世代”の虎視眈々

  7. 7

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  8. 8

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  9. 9

    巨人50勝一番乗り&リーグ貯金独り占めで「CS不要論」再燃

  10. 10

    仙道敦子は脇役で存在感だが…夫・緒形直人の気になる今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る