日本人初ミドル級王座・竹原慎二 世界戦1カ月前に肋骨骨折

公開日: 更新日:

 1995年に日本人として初のミドル級世界王者に輝いた竹原慎二さん。勤めていた内装会社の社長の援助を受けながら、ついに世界タイトルをつかんだ瞬間は、勝った喜びより殴り合ったうれしさでいっぱいだった?

 上京して入った内装会社の社長さんにはとてもお世話になりました。最初は寮に住まわせてくれたし、「日本チャンピオンになったらマンションに住まわせてやるからがんばれよ」と言って本当に住まわせてくれた。家賃10万円くらい。会社がかなり負担してくれてありがたかったですね。

 新人王になった時には社長がテレビとビデオを揃えてくれたし、日本王者になってからは試合で勝つたび、20~30人集めて祝勝会をやってくれました。仕事は普通18時か19時までなのに、現場が都内だと17時とか、横浜でちょっと遠い時は15時半くらいで上がらせてくれたのでその時間から練習に行けた。それが一番助かりましたね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    「コロナ感染ウソ」で露呈 JYJジェジュンの非常識と幼稚さ

  3. 3

    コロナで六本木は閑古鳥…飲食店経営者を救ったISSAの一言

  4. 4

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  5. 5

    救いの女神か? コロナ禍を伝える渡辺直美の優しい発信力

  6. 6

    コロナ陽性ゼロでも…大阪・飛田新地が全店休業に至るまで

  7. 7

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  8. 8

    公務員はコロナ禍で収入が減る民間に合わせる気はないのか

  9. 9

    緊急事態宣言発令で通勤電車が「3つの密」状態になる恐れ

  10. 10

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

もっと見る