【機能性腹部膨満】排便に苦しみガスも出ない

公開日: 更新日:

 東京・神田に住む不動産仲介業の瀬戸喜一さん(仮名、60歳)は、年に2、3回の割合で下腹部に痛みが走り、塗炭の苦しみに襲われる。
 最近では3月上旬、JR山手線で事務所に向かうとき、下腹部に症状が表れた。

 ゴロゴロという腹鳴りも激しい。急いで途中下車をして駅構内のトイレに駆け込んだ。しかし、便もガスも出ない。便座に座ったまま、下腹部痛が少し落ち着いたところで、再び電車に乗った。
 ところが再び同じ症状に襲われる。1駅乗って途中下車し、構内のトイレを探した。
 20分ほど座っていたが、やはり便もガスも出ない。下腹部の痛みにたまりかね、汗を流しながらタクシーに飛び乗った。

 自宅近くの主治医を訪問。浣腸を2度行い、ようやく排便できて苦痛から解放された。

 その前は昨年の秋だった。自宅で耐えられないほどの腹痛に襲われ、歩くこともできない。救急車で病院に搬送された。

 瀬戸さんが言う。
「5年前、私は東京逓信病院(東京都千代田区)で、胃がん手術を受けて胃を全摘しています。以来、半年に1回定期検診を受けていますが、幸いがんの再発や転移の兆候はありません。ただ年に2、3回排便に苦しみ、ガスも出ないという症状が続いています。この病態を、『機能性腹部膨満』と言うのだそうです」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変