眼科編(7)網膜剥離は加齢で増える 光の点滅が突然見えたら注意

公開日: 更新日:

 網膜とは、光に反応して色や形を感じ取る「視細胞」が1億個以上も集まった薄い膜のこと。目の中に入ってきた光が像を結ぶスクリーンの働きをする。網膜剥離はその薄い膜がはがれる病気だ。ボールが当たったり、打撲を受けたりしたことによる眼球の急激な変形で起きるケースもあるが、40歳以降の眼内の加齢変化によって突然、生じることが多い。自由が丘清澤眼科(東京・目黒区)の清澤源弘院長が言う。

「年をとると硝子体が縮小していきます。硝子体は眼球の内部の大部分を満たす無色透明のゼリー状のもので、カメラでいうレンズにあたる水晶体の後ろに接し、眼球の奥を満たして眼球の形を保つ役割をしています。健康な人が目を動かすと、硝子体は網膜の上を自由に動き回れますが、一部が網膜に癒着すると網膜を引っ張り、穴を開けてはがします。これが網膜剥離です」

 網膜がはがれても痛みはない。ただ、目をつむると光の点滅が見えたり、多くの浮遊物や斑点、線、またはクモの巣状のものが見えたり、また直線が曲がって見えたりし、やがて視野が欠けることになる。

「小さな裂孔は年をとると本人も知らない間に起きることがあります。その中で、剥離が広がって視野欠損などの症状があり、治療を要するケースは1年間で人口1万人に1人程度といわれています」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変