著者のコラム一覧
古谷彰子愛国学園短期大学准教授

早稲田大学大学院卒。早稲田大学時間栄養学研究所招聘研究員、愛国学園短期大学准教授、アスリートフードマイスター認定講師。「食べる時間を変えれば健康になる 時間栄養学入門」「時間栄養学が明らかにした『食べ方』の法則」(ともにディスカヴァー・トゥエンティワン)などがある。

【サワラ】DHAやEPAが豊富で朝食べると体内時計を朝型にしてくれる

公開日: 更新日:

 サワラは漢字で「鰆」と書きます。春を告げる今の時期、旬を迎える魚らしい名前です。体表に黒い斑点があるのが特徴で、腹の幅が狭いことから狭腹(サワラ)、狭腰(サゴシ)との呼称がついたという説もあります。北海道南部辺りから本州、四国、九州まで日本海や瀬戸内海沿岸をはじめとして幅広く取れる魚で、漁獲量のトップは福井県、京都府、石川県、長崎県などが占めています。春が旬のものが多いですが、関東では寒鰆といって1~3月が旬のものもあります。

 関東では体長50センチを境に小さいものをサゴチ、大きいものをサワラと呼び、関西では体長50センチくらいのサゴシ、その後ヤナギに出世し、70センチ以上になるとサワラと呼び、大きなものでは1メートルくらいになるものもあるそうです。

 クセがなく、さまざまな食材との相性の良いサワラ。古くから懐石料理などをはじめとした冠婚葬祭時や地域によってはおせちにも用いられています。

 さて、そんなサワラはサバの仲間で、イワシやサンマを食べる肉食魚です。そのため、DHAは100グラム当たり1100ミリグラム、EPAは同340ミリグラムと豊富に含んでいるのです。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで