著者のコラム一覧
シェリー めぐみジャーナリスト、ミレニアル・Z世代評論家

NYハーレムから、激動のアメリカをレポートするジャーナリスト。 ダイバーシティと人種問題、次世代を切りひらくZ世代、変貌するアメリカ政治が得意分野。 早稲稲田大学政経学部卒業後1991年NYに移住、FMラジオディレクターとしてニュース/エンタメ番組を手がけるかたわら、ロッキンオンなどの音楽誌に寄稿。メアリー・J・ブライジ、マライア・キャリー、ハービー・ハンコックなど大物ミュージシャンをはじめ、インタビューした相手は2000人を超える。現在フリージャーナリストとして、ラジオ、新聞、ウェブ媒体にて、政治、社会、エンタメなどジャンルを自由自在に横断し、一歩踏みこんだ情報を届けている。 2019年、ミレニアルとZ世代が本音で未来を語る座談会プロジェクト「NYフューチャーラボ」を立ち上げ、最先端を走り続けている。 ホームページURL: https://megumedia.com

アメリカは世界でもまれな“公衆トイレ砂漠”…その理由は?

公開日: 更新日:

 東京の街で移動中にトイレに行きたくなったら、まずどこに向かいますか? おそらく駅でしょう。でもニューヨークの地下鉄駅でトイレを探しても見つかりません。

 ニューヨーク、いやアメリカは世界でもまれなる公衆トイレの砂漠地帯です。

 2021年イギリスのトイレ用品会社の調査によると、人口当たりの公衆トイレの数が最も多いのは、アイスランドで10万人当たり56個。それに比べニューヨークは10万人あたりわずか4個、全米の平均は8個で、どちらも大して変わりません。同じ調査で日本は11個となっていますが、東京など中心部はもっとずっと多い感じがします。少なくとも、ニューヨークのように、やっと見つけたホテルのトイレは宿泊客専用で、鍵がかかっていたというような悲しい経験はありませんから。

 ではなぜニューヨークには公衆トイレがこんなに少ないのか? ニューヨークタイムスの記事によれば、1930年禁酒法の時代には、200万個ものトイレが公園などに設置されたそうです。それまでのようにバーで用を足せなくなったからというのが理由です。 

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変