著者のコラム一覧
荒川隆之薬剤師

長久堂野村病院診療支援部薬剤科科長、薬剤師。1975年、奈良県生まれ。福山大学大学院卒。広島県薬剤師会常務理事、広島県病院薬剤師会理事、日本病院薬剤師会中小病院委員会副委員長などを兼務。日本病院薬剤師会感染制御認定薬剤師、日本化学療法学会抗菌化学療法認定薬剤師といった感染症対策に関する専門資格を取得。

被災地では「処方箋」が手書きになるため事故が起こりやすくなる

公開日: 更新日:

 前回お話ししたように、今年2月、薬剤師として、大きな地震があった能登での災害支援活動に参加しました。

 災害時において、「処方箋」は手書きとなる場合が多くみられます。今回の被災地でも私が目にした災害処方箋はすべて手書きでした。普段であれば、ほとんどの医師はパソコンで処方箋を入力しているため、いきなり手書きになることでミスが起こりやすくなります。

 また、薬剤師も普段は印刷されたきれいな処方箋しか見ていないので、読み間違いなどが起こるリスクがアップします。たとえば粉薬は、医師はその医薬品の「成分量」で考える場合が少なくありません。医師が言う「粉薬100ミリグラム」とは、「粉薬の成分が100ミリグラム」というケースが多くあるのです。

 しかし、市販されている医薬品は10%顆粒や20%顆粒などがあり、10%顆粒は1グラム中に100ミリグラムの成分が含まれています。普段はパソコンに入力した段階で、1回1グラム(成分100ミリグラム)と計算されたものが処方箋に印刷されるのですが、これが手書きになると「100ミリグラム」とだけ記されていることがありえるのです。この場合、処方箋に記載されている通りに100ミリグラムを計量すると、成分としては10ミリグラムしか投与されない……といった事態が起こる可能性があるのです。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路