著者のコラム一覧
中川恵一東大大学病院 医学系研究科総合放射線腫瘍学講座特任教授

1960年生まれ。東大大学病院 医学系研究科総合放射線腫瘍学講座特任教授。すべてのがんの診断と治療に精通するエキスパート。がん対策推進協議会委員も務めるほか、子供向けのがん教育にも力を入れる。「がんのひみつ」「切らずに治すがん治療」など著書多数。

大腸がん公表の橋爪淳さんは検便受けず後悔…早めの検査の重要性

公開日: 更新日:

 俳優の橋爪淳さん(63)が大腸がんを公表されました。NHK大河ドラマ光る君へ」での出番が終わり、仕事の区切りがついたことで、公表に踏み切ったようです。

 実は橋爪さんとは以前からお付き合いがある関係で、異変があったときに相談を受けました。2月初旬の内視鏡検査で5センチほどの大腸がんが見つかったタイミングです。東大病院での入院治療も終わり、今月からは主宰されている「非・演技塾」でのレッスンを再開されています。

 橋爪さんのケースに関連して、読者の方々にも知ってほしいことが2つあります。ひとつは、橋爪さんが実感された「早めの検査」です。橋爪さんは不幸中の幸いで治療からまもなく仕事に復帰できましたが、「早めの検査」が実現しないと、復帰できても治療や療養が長引いたり、最悪の場合復帰できなかったりするかもしれません。そういう残念なシナリオをなくすために必要なことが、早めの検査です。

 大腸がんや胃がん乳がんなどはステージ1なら9割治ります。それがステージ4だと、大腸がんは約2割、胃がんは1割以下、乳がんは約4割に低下。検査を受けず、早期発見のチャンスを失うのはもったいない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    松本人志裁判にA子さんいよいよ出廷か…執拗な尾行と知人弁護士との不倫疑惑に怒り

  2. 7

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  3. 8

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  4. 9

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  5. 10

    尾行、妨害、不倫、元女性誌編集長…松本人志vs文春の裁判がスゴいことになってきた