専門医のもとで生物学的製剤の治療に替えたら症状がみるみる改善

公開日: 更新日:

大西裕次さん=尋常性乾癬

 8年ほど前、頭皮におできのようなものができ、皮膚科へ行くと尋常性乾癬(かんせん)と診断されました。それからお尻の柔らかい部分、お腹、足など体のあちこちに赤い斑点ができるようになり、うろこ状のようになって皮がポロポロ剥がれていく。かゆみが伴う。尋常性乾癬の特徴的な症状が出てきたのですが、そのうち、足の痛みも出てきたんです。

 足だけでなく、腰も痛い、関節が痛いとなりました。これは大変だとある中堅クラスの病院を受診したところ、乾癬性の関節炎が起きているといわれました。

 5~6年ほど、月1回ほど診てもらっていたのですが、主治医の先生が乾癬の専門でないということもあり、あまり良くならなかったんです。塗り薬と飲み薬を毎日欠かさず使っても、赤みが出てくるし、関節のこわばりで痛い痛い、と。

 そんな時に新聞で、通える範囲の三重大学付属病院に膠原病科ができたと知りました。今までの先生も熱心に診てくれていたので、迷いに迷い、しかし後悔するのが嫌だからと思い切って相談すると、快く「(転院を)いいですよ」と言ってくれました。

最新の健康記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • 闘病記のアクセスランキング

  1. 1
    もやもや病と闘うバルーンアーティストの神宮エミさん「かわいらしい病名の割に…」

    もやもや病と闘うバルーンアーティストの神宮エミさん「かわいらしい病名の割に…」

もっと見る

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

    粗品に続き鈴木おさむも…“キムタクいじり”が止まらないのは事務所の力が弱まったから?

  5. 5
    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

    「男の器量」は不倫がバレた時にわかる…声優・古谷徹(70)の場合はどうか?

  1. 6
    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

    大谷翔平の怒りは収まらず…日テレ&フジ「自宅空撮」で“ドジャース出禁”のその後

  2. 7
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  3. 8
    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

    松岡茉優が三浦春馬との共演から3年で手に入れた鬼気迫る"暗い演技” 「最高の教師」大健闘

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ

    鈴木京香が4億円を投じた解体寸前の歴史的建造物…あえて私邸として使わないワケ