夏に暑さでやられないため今すぐ始めるべきこと…東京五輪出場選手が実践

公開日: 更新日:

 総務省のデータでは、熱中症による救急搬送者は7月に急増する。最新研究を含む暑さ対策の必須知識を、立命館大学スポーツ健康科学研究科の後藤一成教授に聞いた。

 一年の中で最も平均気温が高くなるのが8月だ。しかし救急搬送者数は7月の方が多い。

「7月は梅雨が明け、本格的な暑さを迎えるタイミング。暑さへの耐性がまだできておらず、暑さに体が慣れた8月より熱中症になりやすい」

 こう指摘する後藤教授は、「だからこそ7月より前、まさに今の段階で暑さへの耐性をつくる『暑熱順化トレーニング』をしておくことが、非常に重要」と続ける。

 後藤教授らはトレーニング科学の観点から暑さが体へ及ぼす影響を研究している。前回の東京オリンピック・パラリンピックでは、炎天下での競技に備え各国の選手が暑熱トレーニングを実施。トレーニング科学における暑熱対策の研究が一気に進んだという。

 暑い中で運動すると、深部温(=体の内部の温度)が急上昇。熱を放散するため皮膚の血管が拡張し、大量に汗が出る。すると血液は濃縮して巡りが悪くなり、体の隅々から心臓へ戻る血液量が減る。心臓から1回に排出される血液量も減るので、全体的な血液量を確保するため心臓の拍動回数が増え、心拍数が上昇し、心臓への負担が増す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方