水分補給はしっかりしていているのに熱中症に…正しい対策は?

公開日: 更新日:

 水分補給が熱中症対策で重要と知っている一方、「正しい水分補給」ができている人は多くない。暑さに体が慣れていない今、それほどの気温上昇でなくても熱中症を起こす可能性がある。「熱中症からいのちを守る」を出版した横浜市東部病院患者支援センター長の谷口英喜医師に聞いた。

 東京都で保健体育教諭として働く女性(40代)は旅行先の沖縄で2度、熱中症になったことがある。水分補給はしっかりしていたのに、だ。

「思い返せば、ペットボトルの水しか飲んでいなかった。仕事柄『水分だけでは脱水症、熱中症は防げない』と知っていたのに、実践できていなかった」(女性)

 谷口医師によれば、汗を大量にかいているとき、水分補給だけでは、かえって脱水症状を招くことがあるという。

「汗とともに、汗に含まれるナトリウムも体外に出ていきます。そこへ水だけを補給すると、血液中のナトリウム濃度が低下します。すると、これ以上、ナトリウム濃度が下がらないようにするために一時的に喉の渇きが止まり、水を飲む気がなくなる。同時に、ナトリウム濃度を元に戻すために余分な水分が尿として排泄されてしまう。結果、脱水症状に至り、熱中症発症のリスクを高めるのです」(谷口医師=以下同)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  2. 2

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  3. 3

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4

    竹内涼真“完全復活”の裏に元カノ吉谷彩子の幸せな新婚生活…「ブラックペアン2」でも存在感

  5. 5

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  1. 6

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7

    二宮和也&山田涼介「身長活かした演技」大好評…その一方で木村拓哉“サバ読み疑惑”再燃

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  5. 10

    岩永洋昭の「純烈」脱退は苛烈スケジュールにあり “不仲”ではないと言い切れる