【豆鼓菜圃辣醤(台湾の食べるラー油)】酒が進む逸品

公開日: 更新日:

「和食を知って、お酒と食事を合わせて食べる幸せを知りました。店を開いたら、日本酒と台湾料理を合わせる楽しみをお客さんに味わってほしいと思ったんです」

 とはいえ、日本酒についてはズブの素人。独立前は、時間無制限で日本酒飲み放題の店に通い詰めた。「店を開いて日本酒をぜひ置きたい。でも、日本酒の知識がほぼない」と店主に正直に伝え、100種類はある日本酒を片っ端からテイスティングし、気になるものには○を付けて、店主に質問。店主は購入先まで丁寧に教えてくれた。

 開店後は年間200本以上、違う日本酒を仕入れた。本を読み、飲みに行き、薦められた日本酒を試し、少しずつ知識を増やしていった。

 今はメニューにだいたい12種類の日本酒が並ぶ。日本酒好きなら「おっ!」と思う品ぞろえだが、提供価格はリーズナブル。「仕入れ値は結構かかってます」と謝さんは苦笑いする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    埼玉県あっという間に医療崩壊の危機…小池氏再選の大迷惑

  4. 4

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  5. 5

    PCR検査=反日の原因分析 「おはよう日本」はNHKの希望だ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  8. 7

    コロナは強かった!女性16人全員がノーマスクで感染

  9. 8

    手越祐也は安泰 ファンクラブだけで年間5億円の収益になる

  10. 9

    巨人快進撃で宙に浮く“ポスト原”阿部禅譲の既定路線が混沌

  11. 10

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

もっと見る