新田ヒカル
著者のコラム一覧
新田ヒカルスマホ評論家・マネー評論家

1974年、横浜生まれ。テレビ東京「ワールド・ビジネスサテライト」、フジテレビ「スーパーュース」などにテレビ出演。多数。東証、大証でも講演している。

今や家並みの出費に…一生涯のスマホ関連費用は“1000万円”

公開日: 更新日:

 今や現代人の日常必需品となったスマホ。菅官房長官が通信会社に対して強く値下げを促しているが、私たちは生涯でいったい、いくらスマホに使うのだろうか。

 NTT系列のモバイル社会研究所の2017年の調査によると、中学1年生の約8割がスマホを所有している。中学1年生の13歳にスマホを持ち始め、85歳まで使うとすると、72年間スマホ料金を払うことになる。大手キャリアーを利用している場合、かけ放題とデータ20ギガバイトのプランで、月々9000円程度。生涯の通信料は、9000円×12カ月×72年=777万6000円となる。

 さらに、スマホの端末代も必要だ。毎年買い替える人もいるが、長めに見積もったとして4年に1回のペースで買い替えるとすると、生涯で18台のスマホを使うことになる。

 スマホ1台の料金をiPhoneのスタンダード機種を目安として8万円とすると、生涯のスマホ端末代は、8万円×18台で144万円だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  10. 10

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

もっと見る