【サザエと新ジャガイモのサラダ~肝ソース~】食感が後を引く

公開日: 更新日:

Petite(東京・西荻窪)

 千葉さんがフランスに行った時に惚れた思い出深い料理だ。

「フランスに行った時はカキも入っていたのですが、どの食材も食感がしっかりして、口の中で混ざっても何を食べているか明確でした。その経験から今は、食感が残るものはできるだけ大きく切ってお店でも提供しています」

 確かにコリコリした食感は後を引く。

 隠し味のレホール(ワサビ)と薄口醤油との相性も抜群。酒もどんどん進む。

「僕はお酒が大好き。ツマミは常に一皿で2杯飲めることを意識して作っています。苦味が得意な人は肝をソースにせず、一緒に刻んで入れてもおいしいですよ。さらに、お酒が進むのでは」

 サザエの代わりにつぶ貝やアサリの剥き身など食感のあるもので代用すると、バリエーションも増えそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  6. 6

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  9. 9

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  10. 10

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

もっと見る