田中信一郎
著者のコラム一覧
田中信一郎千葉商科大学基盤教育機構准教授

千葉商科大学基盤教育機構准教授。元長野県企画振興部総合政策課企画幹。著書に「信州はエネルギーシフトする―環境先進国・ドイツをめざす長野県」(築地書館)などがある。

定年後の不安な気持ちを後押ししてくれる「実践的な3冊」

公開日: 更新日:

 これまで、定年退職したら地域に飛び出して、仕事で培ったスキルを生かそうと呼びかけてきました。地方議員、大学進学、空き家再生、エネルギー起業、ソーラーシェアリングと、いずれも仕事のスキルを生かせて、地域の役に立つものでした。

 しかし、そのように言われても、いきなり飛び出すのは勇気がいるもの。心の準備が不足していると、ちゅうちょする気持ちも理解できます。地域に飛び出したいけれど、もう少し気軽な最初の一歩はないものでしょうか。

 そんな方にお勧めするのは、読書と大学の公開講座です。本を読むくらいならば、通勤電車の車中でもできます。大学の公開講座は、学位や単位を取れないものの、専門家の知見を生で手軽に聴けます。

 地域に飛び出したくなる1冊目は、木下斉「凡人のための地域再生入門」(ダイヤモンド社)です。小説の体裁で、地域で起業したり、活動したりするための知識を学べます。東京で暮らす主人公が、地方の実家の片づけをきっかけに、地元で起業し、活力ある地域をつくるストーリーです。著者の知見や経験が豊富に詰め込まれているだけでなく、細やかに解説が付され、知識ゼロからでも深く理解できます。繰り返して読むたび、新たな発見のある本です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  3. 3

    彼女にはカードを…志村けん「酒と女と笑い」に捧げた70年

  4. 4

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  5. 5

    安倍総理よ、この時期「不要不急な演説」は自粛を願いたい

  6. 6

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  7. 7

    「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

  8. 8

    コロナ急増「アメリカ死者20万人」伝説の専門家が衝撃発言

  9. 9

    ドケチ安倍政権 13万病床削減を撤回せず医療崩壊の危険性

  10. 10

    東出を見放した渡辺謙の大人の事情 謝罪会見の発言に失望

もっと見る