【牡蠣のブルスケッタ】溶き卵で海のエキスをギュッと!

公開日: 更新日:

都映(東京・芝大門)

 もち肌の女性にキスをしたような食感に、ジュワッと広がる濃厚なエキス。海のミルクは、生で食べてこそだろう。ほどよく火を通していても、その食感を残し、抜群のワインのアテに仕上げているのがコレだ。

「ぶっちゃけ、牡蠣(かき)を溶き卵にくぐらせてオリーブオイルで焼くだけなんです。こんなので連載のネタになりますか」

 笑って謙遜する。いやいや、どうして。最高デッス。焼いていても粒は大きさを保ち、バゲットを覆い尽くさんばかり。がぶりと半分ほどかじると、タルタルとバゲット、そして牡蠣とのウマ味の三重奏でワインが止まらなくなる。

「牡蠣を卵でコーティングすることで、エキスが漏れ出すことなく、中に閉じ込められるので、ぷりぷり感をキープできるんです」

 タルタルがアッサリしているのも、ちょうどいい。「マヨネーズだけだと重いので、ニンニクと生クリームで軽くしています」という。新しい牡蠣料理にぜひ!

《材料》 
・牡蠣  3個
・バゲット スライス3枚
・卵  2個
・オリーブオイル  適量
タルタル
・マヨネーズ  30グラム
・ニンニク  2分の1片
・生クリーム  10グラム

《作り方》 
(1)ニンニクをすりおろしてから、タルタルの材料をすべて混ぜておく。
(2)溶き卵に牡蠣をくぐらせる。
(3)熱したフライパンにオリーブオイルを引いたら②を中弱火で焼く。
「焼きながら、2、3回溶き卵にくぐらせるのがコツ。ぷっくりとした牡蠣の“腹”を指で押して、反発するくらいがちょうどいい焼き加減です」
(4)①を塗ったバゲットに③をのせれば出来上がり。好みで刻んだトマトをトッピングしてもよし。

■水谷大輔(みずたに・だいすけ)
 近所の老舗割烹の板前さんに秘伝のレシピを教わるという愛されキャラ。学生時代にサッカーで鍛えた体力を生かし、自転車をこいで豊洲市場や食肉市場に通い、魚介や精肉、モツなど新鮮食材を仕入れている。

■都映(みやこうつし)
 定番メニューも日替わりメニューも、多くはワンコイン。東京タワーのお膝元・芝大門という都心にあって、良心的な価格でありながら、魚も肉も野菜も厳選素材を仕入れ、丁寧な仕込みで常連客が絶えない。

東京都港区芝大門1―11―9
℡03・3431・5502
土日祝定休

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  6. 6

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る