東京「新規感染者4000人」の試算衝撃!このまま五輪開催で病床逼迫はアッという間

公開日: 更新日:

「(新規感染者が最大2520人に達した)第3波を超える急激な感染拡大が危惧される」――。1日の東京都モニタリング会議で専門家はそう警告した。東京のきのうの新規感染者数は673人と12日連続、前週の同じ曜日を上回った。感染者数はステージ4(感染爆発)に突入している。リバウンドが起きていることは、もはや誰の目にも明らかだ。東京五輪が迫る中、このままでは病床があっという間に逼迫する恐れがある。

  ◇  ◇  ◇

 6月30日に開かれた厚労省「アドバイザリーボード」の会合で報告された京大などの研究チームの試算は衝撃だ。インド株(デルタ株)の感染力が英国株(アルファ株)の1.3~1.4倍の場合、強い効果のある対策を取らない限り、7月下旬以降、爆発的な感染拡大の可能性があるという。都内の1日の新規感染者数は4000人に達するとはじいている。緊急事態宣言が遅れたり、効果が十分でなければ、病床が飽和する可能性を指摘しているのだ。

 ちょうど東京五輪が開かれる頃である。このまま五輪開催に突っ込んだら、再び、入院できない患者があふれることになりかねない。

 しかし、官邸では楽観論が広がっている。高齢者のワクチン接種が7月末に完了するメドが立ちつつあるからだ。重症化しやすい高齢者の感染が減れば、重症病床の逼迫は防げるとの算段だ。30日の閣僚会議後、西村経済再生相は「ワクチン接種が今、加速して進む中で、重症者数はかなり低く抑えられる」と語ったが、本当にそうなるのだろうか。

50代以下の重症者数、死者数ともに増加

 大阪府のデータによると、重症者数は第3波(昨年10月10日~今年2月28日)では1148人だったが、第4波(今年3月1日~6月7日)では1693人に増えている。しかも、第4波では、50代以下の重症者が目立って多かった。第4波の50代以下の割合は、第3波の17.5%から31.8%へと2倍近くになっている。

 死者数も第3波の938人から、第4波は1265人と増え、50代以下の割合は1.9%から6.2%へと3倍に膨れ上がっているのだ。

 第4波以降、50代以下も重症化したり、死亡しやすくなっているのは明らかだ。その理由について、大阪府は日刊ゲンダイの取材に「アルファ株(英国株)の影響だと考えています。高齢者でなくても、重症になり、死亡するということが分かる結果だと認識しています」(感染症対策企画課)と答えた。

重症化を加速させる「インド株」

 この先、さらに重症化を加速させそうなのがインド株だ。英イングランド公衆衛生局はインド株について、英国株より重症化し入院するリスクが高い可能性を示している。東京のインド株はすでに3割を占め、7月下旬には7割に達するとみられる。

 西武学園医学技術専門学校東京校校長の中原英臣氏(感染症学)が言う。

「高齢者接種を完了させれば、ある程度、打った人の重症化は防げるでしょう。しかし、インド株による感染大爆発に見舞われてしまうと、ワクチン未接種の50代以下の重症化が相次ぐ事態は十分起こり得ます。専門家が都内の新規感染者数が4000人に達するとの試算を出した以上、そうならないように感染対策を強化すべきです。菅政権は、ワクチンを切り札として考えているようですが、その結果、感染対策がおろそかになる恐れがあります。またしても楽観論に立ち、失敗を繰り返すつもりなのでしょうか」

 本当にこのまま五輪開催に突き進むのか。  

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

    南果歩が乗り越えた渡辺謙との壮絶離婚…支えた長男は新進気鋭アーティストとして活躍中

  2. 2
    新春SPドラマ二宮和也「潜水艦カッペリーニ号の冒険」大コケ…ファン離れついに現実に?

    新春SPドラマ二宮和也「潜水艦カッペリーニ号の冒険」大コケ…ファン離れついに現実に?

  3. 3
    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

    細川ふみえの入浴剤CMを見て「フーミンは“さげまん”なんだよ」という言葉を思い出した

  4. 4
    41歳声優の妊娠発表で「高齢出産」がSNSでトレンド入り…消えぬ“偏見”に潜むもの

    41歳声優の妊娠発表で「高齢出産」がSNSでトレンド入り…消えぬ“偏見”に潜むもの

  5. 5
    ドイツ人青年がタトゥーで肉体改造「人間離れした姿」になるのが目標

    ドイツ人青年がタトゥーで肉体改造「人間離れした姿」になるのが目標

もっと見る

  1. 6
    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

    若年層や女性が感染しやすい…「オミクロン株」の怖さと対策を専門家に聞いた

  2. 7
    渡辺謙が南果歩と離婚 30代ホステスとの不倫が原因でバツ2

    渡辺謙が南果歩と離婚 30代ホステスとの不倫が原因でバツ2

  3. 8
    9歳の女児からお年玉をひったくり…46歳無職女の血も涙もない素性

    9歳の女児からお年玉をひったくり…46歳無職女の血も涙もない素性

  4. 9
    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

    長澤まさみ「鎌倉殿の13人」での“ささやきナレ”は聞き取りにくい…過去の大河では降板劇も

  5. 10
    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音

    やっぱり唐田が好き? 東出が囲み取材でつい漏らした本音