津野田興一
著者のコラム一覧
津野田興一都立立川高校教諭

1965年生まれ。東京都立大学大学院人文科学研究科史学専攻修了。現在、東京都立立川高校で世界史を教える。著書に「世界史読書案内」(岩波ジュニア新書)、「やりなおし高校世界史―考えるための入試問題8問」(ちくま新書)、「第2版 ポイントマスター世界史Bの焦点」(山川出版社)など。

イスラームという宗教を深く理解するにはモスクを体感せよ

公開日: 更新日:

 今回は3択クイズです。イスラームのモスクを例えるならば、次のどれが最も近いでしょうか? ①お寺、②神社、③礼拝堂。

 もしかして①のお寺や②の神社などと考えた人がいるかもしれません。答えは③の礼拝堂でした。お寺や神社には、本尊や御神体などがありますね。しかし厳格な一神教であるイスラームにおいて、神はアッラーだけですから、各地に礼拝対象となる本尊や御神体があっては多神教になってしまうので不都合です。つまり、モスクとは、信者が集まって礼拝をおこなう場所なのです。

■ムハンマドの気配り

 歴史上最初のモスクは、イスラームの聖地とされるメディナにある「預言者のモスク」です。西暦622年、預言者ムハンマドたちがメッカを脱出してメディナへと移住します。この出来事を「ヒジュラ」と呼び、のちにイスラーム暦の元年とされるのですが、この時ムハンマドの住居兼礼拝所として、最初のモスクが建てられました。

 当時のエピソードとして資料①のような話が残されています。メディナの多くの部族がムハンマドを自分たちの土地に招こうとしましたが、ムハンマドは余計な混乱や争いを避けるため、ラクダが歩むままにまかせ、立ち止まったところにモスクを建てさせたといいます。ムハンマドが知恵をしぼって気を配っていたことがよくわかる話ですね。

■資料①

 アッラーの使徒(ムハンマド)が自分のラクダに乗り、後ろにアブー=バクルを乗せ、周りをナッジャール部族の長たちが囲み、アブー=アイユーブの館の空き地に来て止まりました。アッラーの使徒は、礼拝の刻限が来るとその場で礼拝するのが常で、そこが羊の牧場であっても礼拝をしました。そして、彼はモスクの建設を命じました。

小杉泰編訳「ムハンマドのことば ハディース」(岩波文庫、2019年)から

■大変革

 さて、預言者のモスクですが、信者の拡大とともに手狭になっていきました。また、ムハンマドと家族の生活空間としても、より多くの部屋数が必要となったため、建て増しして拡充しました。実はこの時に重大な変更がなされたのですが、何のことだかお分かりになるでしょうか。図②をよく見て、いったい何が変わったのか考えてみてください。

 答えは「キブラ」の変更でした。キブラとは礼拝する方角のことです。もともとは、ユダヤ教やキリスト教など先行する一神教の影響を受けてイェルサレムに向かって礼拝をしていました。しかし、信者たちの間から疑問が噴出するなどした結果、イスラームの聖殿であるカーバが立つメッカの方角に向けて礼拝するという、一大変革がなされたのです。

 ここにイスラームが名実ともに独立した宗教となりました。

■モスクのモデル

 さて、ムハンマドの死後、シリアに駐屯するアラブ兵たちを率いたムアーウィヤが660年に「カリフ(ムハンマドの後継者)」を自称し、ウマイヤ朝を開きます。

 アラブ兵が駐屯する軍営都市のうち、シリアのダマスカスにもモスクが建設されました(写真③)。正確に言うと、改修されました。キリスト教のヨハネ教会を接収し、モスクへと改築したのです。

 壁面には黄金のモザイクによって、天国の様子などが描かれていますが、偶像崇拝を厳しく禁じるイスラームの教えを反映して、人物ではなく動植物などをあらわす、美しく壮麗なものとなりました。預言者のモスクと並んで、以後各地に建設されるモスクのモデルになったといわれています。

■合理的な建材

 泥で造られたモスクもあります。写真④はアフリカのニジェール川流域のトンブクトゥにあるジンガラベル・モスクです。木の骨組みに日干しレンガで壁を張り、さらに泥を塗って外壁を化粧しました。構造材となっている柱が飛び出すような形です。それがちょうど足場となって信者が壁面に登り、毎年乾期と雨期の間の時期に泥を塗り直すことで、常に新しい姿を保ち続けているのです。まるで、日本の伊勢神宮の式年遷宮と同じ構図がそこには見られますね。

 また、泥を使っているから「貧しい」と考えてしまうのは短絡的です。木材資源に乏しい乾燥地帯において、川の泥がふんだんに利用できるため、最も合理的な建材なのです。ちなみに、このモスクが建てられたのは14世紀前半、当時西アフリカで栄えていたマリ王国のマンサ=ムーサ王が建てました。王がメッカへの巡礼途上、エジプトのカイロで黄金を喜捨(ザカート)という形で大量に寄付した結果、金の価格は暴落し、12年後においても回復しなかったと記録されるほど、王は莫大な富を誇っていました。「貧しい」から泥を使っていたわけではなかったのです。

■外観は寺院

 となると、東南アジアや中国のイスラーム教徒が建てたモスクは当然、木造となりました。写真⑤は西安の清真寺というモスクですが、木と瓦で造られており、外観は仏教寺院のようです。

 しかし、先に述べた通り、モスクとは寺院や神社ではなく、祈りの場ですので、建築様式などに規定があるわけではありません。極端な話をするならば、キブラをあらわすミフラーブという目印(実際には「くぼみ」で表現されることが多い)と、集団で礼拝できるスペースがあれば、それはもう立派なモスクです。イスラームの教えとモスクは中国にも根を下ろし、木造瓦ぶきのモスクを生み出したのでした。

■東京ジャーミイ

 さて、東京の小田急線代々木上原駅から徒歩7分ほどの場所に、日本最大のモスクである東京ジャーミイがあります。ロシア革命に際して日本に亡命してきたイスラーム教徒によって建設されたのが始まりで、その後改築され、現在の壮麗な建物となりました。

 オスマン帝国様式のこのモスクは、どんな宗教の人にも開かれ、見学も無料です。仏教の寺やキリスト教の教会に入ったことがある人は多いでしょうが、モスクに入ったことがある人はあまりいないかもしれません。その内部空間には、アラビア語で「クルアーン(コーラン)」の言葉などがカリグラフィーという装飾文様で書かれており、とても美しいです(写真⑥)。大円蓋の広間の中心に立つと、まるでありとあらゆる所から、神の言葉がシャワーのように降り注いでくるような体験をすることができます。モスクを体感することで、イスラームという宗教を深く理解することができるでしょう。

■もっと知りたいあなたへ

世界のイスラーム建築
深見奈緒子著(講談社現代新書、2005年)814円

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    創価学会を除名された野原善正氏が明かす 長く閉ざされてきた選挙運動の壮絶実態

    創価学会を除名された野原善正氏が明かす 長く閉ざされてきた選挙運動の壮絶実態

  2. 2
    安倍前首相が過剰なまでに“高市氏肩入れ”…本当の狙いは自身の再々登板か

    安倍前首相が過剰なまでに“高市氏肩入れ”…本当の狙いは自身の再々登板か

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    森喜郎氏がラジオ出演で河野太郎氏“包囲網” チラつく09年自民党総裁選「腐ったリンゴ」の遺恨

    森喜郎氏がラジオ出演で河野太郎氏“包囲網” チラつく09年自民党総裁選「腐ったリンゴ」の遺恨

  5. 5
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

もっと見る

  1. 6
    高市早苗氏だけ「右翼の強硬派」と悪目立ち 海外メディアは新首相候補に期待ゼロ

    高市早苗氏だけ「右翼の強硬派」と悪目立ち 海外メディアは新首相候補に期待ゼロ

  2. 7
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  3. 8
    エンゼルス大谷は残り試合で「本塁打王」狙い専念がベター このままでは“あぶはち取らず”に

    エンゼルス大谷は残り試合で「本塁打王」狙い専念がベター このままでは“あぶはち取らず”に

  4. 9
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  5. 10
    阪神・矢野監督続投も…フロントが唯一気を揉む巨人との“ピリピリ6番勝負”

    阪神・矢野監督続投も…フロントが唯一気を揉む巨人との“ピリピリ6番勝負”