• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

日本プロ野球が変わる? 新監督4人中3人が二軍指導経験

 知名度より、実績が問われる時代になったか。6月に辞任した西武の伊原監督(65)を皮切りに、5球団の監督が退任した今季のプロ野球。西武は田辺監督代行(48)が昇格し、ヤクルトは小川監督(57)の後釜に真中一軍打撃コーチ(43)が就任。広島は野村監督(48)に代わって緒方野手総合コーチ(45)が、楽天の星野監督(67)の後は大久保二軍監督(47)が継いだ。

 新監督4人はいずれも40代。真中、田辺、大久保新監督の3人は選手としての実績はイマイチながら、二軍での監督、コーチ経験を評価されての就任だ。広島のスター選手だった緒方新監督も、09年に引退してから、5年間、一軍でコーチをするなど指導者経験は少なくない。

 これまでプロ野球の監督といえば、能力は二の次。現役時代の成績と人気が重視され、球団の広告塔さながらだった。巨人で2期合計15年も指揮を執った長嶋茂雄終身名誉監督(78)が、その典型例だろう。巨大戦力を有しながら、任期中、リーグ優勝5回、日本一は2回しかなかった。引退して即監督に就任した75年から80年までの第1期政権は3年連続V逸が原因で解任。93年に再登板したのは、この年からスタートしたサッカーのJリーグ人気に対抗するためだった。その巨人が今、指導者経験のない松井秀喜(元ヤンキース)を呼ぼうとしているのも、日米で培った圧倒的な実績と経験はもちろん、絶大な知名度と人気を評価してのことである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る