日本プロ野球が変わる? 新監督4人中3人が二軍指導経験

公開日:  更新日:

 知名度より、実績が問われる時代になったか。6月に辞任した西武の伊原監督(65)を皮切りに、5球団の監督が退任した今季のプロ野球。西武は田辺監督代行(48)が昇格し、ヤクルトは小川監督(57)の後釜に真中一軍打撃コーチ(43)が就任。広島は野村監督(48)に代わって緒方野手総合コーチ(45)が、楽天の星野監督(67)の後は大久保二軍監督(47)が継いだ。

 新監督4人はいずれも40代。真中、田辺、大久保新監督の3人は選手としての実績はイマイチながら、二軍での監督、コーチ経験を評価されての就任だ。広島のスター選手だった緒方新監督も、09年に引退してから、5年間、一軍でコーチをするなど指導者経験は少なくない。

 これまでプロ野球の監督といえば、能力は二の次。現役時代の成績と人気が重視され、球団の広告塔さながらだった。巨人で2期合計15年も指揮を執った長嶋茂雄終身名誉監督(78)が、その典型例だろう。巨大戦力を有しながら、任期中、リーグ優勝5回、日本一は2回しかなかった。引退して即監督に就任した75年から80年までの第1期政権は3年連続V逸が原因で解任。93年に再登板したのは、この年からスタートしたサッカーのJリーグ人気に対抗するためだった。その巨人が今、指導者経験のない松井秀喜(元ヤンキース)を呼ぼうとしているのも、日米で培った圧倒的な実績と経験はもちろん、絶大な知名度と人気を評価してのことである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る