Vの李知姫も罰則? ローカルルール改善しないLPGAの怠慢

公開日: 更新日:

 間違ったパッティンググリーンの上にある球は罰なしに拾い上げ、救済のニアレストポイントから1クラブレングス以内で、そのグリーンの外側にドロップしなければならないのに、そのまま打った李は本来なら誤所からのプレーとなる。

 しかし、LPGAはサブグリーンをスルーザ・グリーンとするローカルルールを採用して、そのまま打たせているのだ。

 ルール研究家のマイク青木氏は「日本のゴルフ界は、長きにわたってあるがままの状態でプレーするよう強要してきたのです」と、こう続ける。

「本来、ローカルルールとは規範にのっとったものであるべきもので、ゼネラルルールから逸脱したものは認められません。サブグリーンがスルーザ・グリーンというのはゼネラルルールに反して制定された、ローカルルールです。規則25-3bがルールブックに正式に採用されたのは1952年であり、半世紀以上の歴史があります。きっかけは米国では冬になるとグリーンを休ませるため、フェアウエーにテンポラリー(臨時)グリーンを設け、メーングリーンの修復にあてていました。ところが、プレーヤーがボールを曲げ、本来のグリーンにオンすることがある。そのまま打ってしまうとグリーンが傷ついてしまうことから、USGAがルール総本山のR&Aに要請して、ルールとして制定されたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ復調の兆し 再結成「沢尻会」の意外な顔ぶれ

  2. 2

    いまさら聞けない年金受給 59歳から始める満額もらう準備

  3. 3

    巨人菅野の深刻一発病なぜ? 本人や相手打者ら8人に総直撃

  4. 4

    評価は急落…大船渡・佐々木“一球も投げず初戦敗退”の波紋

  5. 5

    芸能界ファミリー新派閥「瑛太会」を悩ます“ボス”の酒癖

  6. 6

    巨人・上原監督の可能性は?“生え抜きエース”の条件クリア

  7. 7

    今オフにもポスティング 広島・菊池涼介メジャーでの値段

  8. 8

    安倍政権が労働者イジメ 経営者が首切り自由の“改悪制度”

  9. 9

    令和初の国賓も…日米首脳会談「共同声明」見送りの“真相”

  10. 10

    無名俳優と電撃格差婚で 川栄李奈にのしかかる“ミルク代”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る