金庚泰も惑わされた ライン上にかかる“自分の影”の対処法

公開日:  更新日:

【東建ホームメイトカップ】

 首位を走っていた金庚泰が15番パー4で絶好のバーディーチャンスを外した。2メートルを決められず、「あれっ?」という顔をしたが、テレビ解説の丸山茂樹は「ライン上の影が気になって(イメージした)ラインが消える」と言えば、石川遼は「信じきれなくなる」とプロ心理を紹介した。

 金は自分の影に惑わされたが、アマチュアはどうしたらいいのか?

 パットの名手として知られる田原紘プロがこうアドバイスする。

「短いパットですらライン上の影はストロークに悪影響を及ぼす。リズムが速くなったり、遅くなったりと症状は人それぞれ違いますが、影を気にするなと言っても無理です。体を止めてパットしても、肩や手が動いているのが影でわかる。すると“あれっ”と不安になって乱れるのです。ライン上に影がかかる時は、まずアドレスして、ボールの近くで影のない所に目印を見つける。そして影の先のカップではなく、目印に集中して打ち出してやるだけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る