金庚泰も惑わされた ライン上にかかる“自分の影”の対処法

公開日: 更新日:

【東建ホームメイトカップ】

 首位を走っていた金庚泰が15番パー4で絶好のバーディーチャンスを外した。2メートルを決められず、「あれっ?」という顔をしたが、テレビ解説の丸山茂樹は「ライン上の影が気になって(イメージした)ラインが消える」と言えば、石川遼は「信じきれなくなる」とプロ心理を紹介した。

 金は自分の影に惑わされたが、アマチュアはどうしたらいいのか?

 パットの名手として知られる田原紘プロがこうアドバイスする。

「短いパットですらライン上の影はストロークに悪影響を及ぼす。リズムが速くなったり、遅くなったりと症状は人それぞれ違いますが、影を気にするなと言っても無理です。体を止めてパットしても、肩や手が動いているのが影でわかる。すると“あれっ”と不安になって乱れるのです。ライン上に影がかかる時は、まずアドレスして、ボールの近くで影のない所に目印を見つける。そして影の先のカップではなく、目印に集中して打ち出してやるだけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

もっと見る