• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

監督インフル離脱で問われる中日落合GMの“危機管理能力”

 3位を走る中日に緊急事態だ。19日、谷繁監督がインフルエンザ(A型)に感染したことが判明。18日から体調を崩し、自宅療養中だという。

 19日、20日に予定されていた巨人戦は熊本地震のために中止。ひとまず監督離脱の影響は小さく済みそうで、医師のゴーサインが出れば復帰する予定だが、厚生労働省のHPには、「一般的に、インフルエンザ発症前日から発症後3~7日間は鼻やのどからウイルスを排出するといわれています。そのためにウイルスを排出している間は、外出を控える必要があります」と記されていることから、22日からのヤクルト3連戦(ナゴヤドーム)の復帰は微妙な状況だ。

 谷繁監督の代行として森ヘッドが指揮をとることが濃厚。

「中日は投手、捕手のバッテリー部門については基本的に森ヘッドが取り仕切っているから大きな影響はないはず。スタメンも電話連絡で何とかなるだろうけど、問題は代打、代走、守備交代を含めた作戦面だ」(中日OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る