監督インフル離脱で問われる中日落合GMの“危機管理能力”

公開日:  更新日:

 3位を走る中日に緊急事態だ。19日、谷繁監督がインフルエンザ(A型)に感染したことが判明。18日から体調を崩し、自宅療養中だという。

 19日、20日に予定されていた巨人戦は熊本地震のために中止。ひとまず監督離脱の影響は小さく済みそうで、医師のゴーサインが出れば復帰する予定だが、厚生労働省のHPには、「一般的に、インフルエンザ発症前日から発症後3~7日間は鼻やのどからウイルスを排出するといわれています。そのためにウイルスを排出している間は、外出を控える必要があります」と記されていることから、22日からのヤクルト3連戦(ナゴヤドーム)の復帰は微妙な状況だ。

 谷繁監督の代行として森ヘッドが指揮をとることが濃厚。

「中日は投手、捕手のバッテリー部門については基本的に森ヘッドが取り仕切っているから大きな影響はないはず。スタメンも電話連絡で何とかなるだろうけど、問題は代打、代走、守備交代を含めた作戦面だ」(中日OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

もっと見る