監督インフル離脱で問われる中日落合GMの“危機管理能力”

公開日:  更新日:

 3位を走る中日に緊急事態だ。19日、谷繁監督がインフルエンザ(A型)に感染したことが判明。18日から体調を崩し、自宅療養中だという。

 19日、20日に予定されていた巨人戦は熊本地震のために中止。ひとまず監督離脱の影響は小さく済みそうで、医師のゴーサインが出れば復帰する予定だが、厚生労働省のHPには、「一般的に、インフルエンザ発症前日から発症後3~7日間は鼻やのどからウイルスを排出するといわれています。そのためにウイルスを排出している間は、外出を控える必要があります」と記されていることから、22日からのヤクルト3連戦(ナゴヤドーム)の復帰は微妙な状況だ。

 谷繁監督の代行として森ヘッドが指揮をとることが濃厚。

「中日は投手、捕手のバッテリー部門については基本的に森ヘッドが取り仕切っているから大きな影響はないはず。スタメンも電話連絡で何とかなるだろうけど、問題は代打、代走、守備交代を含めた作戦面だ」(中日OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る