監督インフル離脱で問われる中日落合GMの“危機管理能力”

公開日: 更新日:

 3位を走る中日に緊急事態だ。19日、谷繁監督がインフルエンザ(A型)に感染したことが判明。18日から体調を崩し、自宅療養中だという。

 19日、20日に予定されていた巨人戦は熊本地震のために中止。ひとまず監督離脱の影響は小さく済みそうで、医師のゴーサインが出れば復帰する予定だが、厚生労働省のHPには、「一般的に、インフルエンザ発症前日から発症後3~7日間は鼻やのどからウイルスを排出するといわれています。そのためにウイルスを排出している間は、外出を控える必要があります」と記されていることから、22日からのヤクルト3連戦(ナゴヤドーム)の復帰は微妙な状況だ。

 谷繁監督の代行として森ヘッドが指揮をとることが濃厚。

「中日は投手、捕手のバッテリー部門については基本的に森ヘッドが取り仕切っているから大きな影響はないはず。スタメンも電話連絡で何とかなるだろうけど、問題は代打、代走、守備交代を含めた作戦面だ」(中日OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  5. 5

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  6. 6

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  7. 7

    朝日・産経は過去に賭け麻雀追及 黒川氏“雀友”3人の責任は

  8. 8

    安倍は森友と桜の2大疑惑が同時に司法の手にかかり断末魔

  9. 9

    木村花さんの死を招きついに打ち切り…「テラハ」の罪と罰

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る