野村敏京は3オーバー 「メジャー制覇」の意気込み空回り

公開日:  更新日:

【全米女子プロ選手権】

 米ツアー2勝。先週も2位に入るなど、ここまで14試合でトップ10入り4回、賞金ランク3位と勢いに乗る野村敏京(23)。

「メジャー制覇は今年の目標」と意気込む。

 10番スタートからパープレーを続けたが、15番でボギーを叩くと、続く16番パー4で第1打を右に曲げて木に当ててしまう。ボールは大きく跳ね返って、ファーストカットに落ちるツキもあったが、2打目も木に当て、結局、このホールはダブルボギー。

 アウトに入って1番、7番でバーディーを奪うも、8番パー4でまたもボギー。2打目が左ガードバンカーにつかまると、アプローチはピンを4メートルオーバー。これが決まらない。上がり9番パー3もボギー、3オーバーでホールアウトした。

「悔しいですね。16番のダブルボギーが痛かった。そこから難しくなってしまった。思っていたよりもボギーが多くなった。明日は気持ちを切り替えていきたい」(野村)

 タフな会場でスコアを伸ばせないようでは、五輪でも期待できない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る