NHK杯公式練習で右足首負傷 羽生結弦の五輪連覇に黄信号

公開日:

 来年2月開幕の平昌五輪を前にアクシデントに見舞われた。

 9日のフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯(10日開幕=大阪)の公式練習で、3連覇を狙う羽生結弦(22)が難度の高い4回転ルッツで右足での着氷に失敗。膝が内側に折れ曲がったまま転倒した。右足首を痛めたとみられ、しばらく立ち上がれなかった。

 その後、練習を再開したが、右足首を気にするそぶりを見せ、ジャンプは跳ばずにリンクを後にした。治療を受けるため、予定していた会見には姿を見せなかった。

 日本スケート連盟は具体的な症状を明かしていないものの、重症なら今後の試合出場に影響するのは必至。平昌五輪の代表選考会となる12月の全日本選手権(東京)、GPファイナル(名古屋)のリンクに立てなければ、五輪連覇どころか出場権さえ獲得できない可能性もある。

 今季GPシリーズ初戦のロシア杯(10月)ではライバルのネイサン・チェン(18=米国)に敗れて2位に終わった。ロシア杯後にはブライアン・オーサー・コーチが胆のう炎の手術を受けて、今大会は不在だ。これまで何度も故障を乗り越えてきた羽生に再び試練である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る