NHK杯公式練習で右足首負傷 羽生結弦の五輪連覇に黄信号

公開日: 更新日:

 来年2月開幕の平昌五輪を前にアクシデントに見舞われた。

 9日のフィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯(10日開幕=大阪)の公式練習で、3連覇を狙う羽生結弦(22)が難度の高い4回転ルッツで右足での着氷に失敗。膝が内側に折れ曲がったまま転倒した。右足首を痛めたとみられ、しばらく立ち上がれなかった。

 その後、練習を再開したが、右足首を気にするそぶりを見せ、ジャンプは跳ばずにリンクを後にした。治療を受けるため、予定していた会見には姿を見せなかった。

 日本スケート連盟は具体的な症状を明かしていないものの、重症なら今後の試合出場に影響するのは必至。平昌五輪の代表選考会となる12月の全日本選手権(東京)、GPファイナル(名古屋)のリンクに立てなければ、五輪連覇どころか出場権さえ獲得できない可能性もある。

 今季GPシリーズ初戦のロシア杯(10月)ではライバルのネイサン・チェン(18=米国)に敗れて2位に終わった。ロシア杯後にはブライアン・オーサー・コーチが胆のう炎の手術を受けて、今大会は不在だ。これまで何度も故障を乗り越えてきた羽生に再び試練である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  4. 4

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  5. 5

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  6. 6

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

もっと見る