ソフト世界選手権 日本の五輪“連覇”阻止に動く米の本気度

公開日:

 日本ソフトボール協会は16日、世界選手権(8月=千葉県)の日本代表を発表。2008年北京五輪でエースとして金メダル獲得に貢献した上野由岐子(35)、主将を務めた山田恵里(34)の両ベテランら17人のメンバーを発表した。

 会見した宇津木麗華監督(54)は「今大会は20年(東京五輪)を意識した大会。メンバーは外国人、特に米国人に強い選手を重視した」とライバルへの対抗心をあらわにした。

 その米国は国際大会では長らく日本と覇権を分け合ってきた。トップの一角として君臨してきたが、五輪種目から除外された北京大会後は、米国の国内団体が対立を繰り返し、分裂状態が続いたという。

 ASA(米国アマチュアソフトボール協会)、NPF(プロリーグ)、大学連盟の3派が代表選考を巡って対立。ASAの強硬な反発もあって、しばらくプロ選手は代表入りできなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  3. 3

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  4. 4

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  7. 7

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  8. 8

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  9. 9

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  10. 10

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

もっと見る