• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高校総体後に解任動議 ボクシング連盟が山根会長を追放へ

 一連の騒動は2年後に東京五輪を控えた日本オリンピック委員会(JOC)、スポーツ庁なども問題視。鈴木五輪担当相は暴力団組長との交友を「論外」と切り捨てている。そうでなくてもボクシングは、日本連盟の上部組織にあたる国際ボクシング協会のガバナンス問題で、国際オリンピック委員会(IOC)からいまだ競技実施を認められていない。五輪種目から外される可能性が高まっている中で、開催国の連盟に発覚した今回の未曽有のスキャンダルと制御不能に陥った山根会長の暴走は、KOパンチになり得る。

 連盟もドンの切り捨てに動かざるを得ないということだろう。が、現在の連盟幹部のほとんどが山根派で、彼らの忖度が山根会長を増長させ、結果的に恐怖支配体制の構築に加担した。後任会長がそんな現幹部からの昇格で果たしていいのか。理解を得られるとは思えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  5. 5

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  6. 6

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

もっと見る