高校総体後に解任動議 ボクシング連盟が山根会長を追放へ

公開日:

 一連の騒動は2年後に東京五輪を控えた日本オリンピック委員会(JOC)、スポーツ庁なども問題視。鈴木五輪担当相は暴力団組長との交友を「論外」と切り捨てている。そうでなくてもボクシングは、日本連盟の上部組織にあたる国際ボクシング協会のガバナンス問題で、国際オリンピック委員会(IOC)からいまだ競技実施を認められていない。五輪種目から外される可能性が高まっている中で、開催国の連盟に発覚した今回の未曽有のスキャンダルと制御不能に陥った山根会長の暴走は、KOパンチになり得る。

 連盟もドンの切り捨てに動かざるを得ないということだろう。が、現在の連盟幹部のほとんどが山根派で、彼らの忖度が山根会長を増長させ、結果的に恐怖支配体制の構築に加担した。後任会長がそんな現幹部からの昇格で果たしていいのか。理解を得られるとは思えない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    逮捕飛び火の小池知事 “ゴーンイズム”心酔アピールの過去

もっと見る