平身低頭は表向き 塚原夫妻がメディアに見せた“悪あがき”

公開日:

 リオ五輪体操女子代表の宮川紗江(18)の元コーチ速見佑斗氏(34)が昨5日、都内で会見を開いて宮川への暴力行為を謝罪した。度重なる暴力を認め、「お尻を蹴ってしまったり」と協会が認定していない暴力内容も告白。所属していたレインボーと大阪体育大との二重契約疑惑については「大体大にはマーケティング活動の申請を出して承認いただき、スポンサー契約を結んでいる」と全否定した。

 その一方で、宮川が訴える日本体操協会の塚原千恵子女子強化本部長(71)と夫の光男副会長(70)からのパワハラについて「自分たちが思っている意見が怖くて言えない。言うことを聞かないと(選手も指導者も)優遇してもらえないという意識を多くのコーチが抱いている」と訴え、「(宮川が)ナショナルトレーニングセンターの(使用)制限と海外派遣をされなかったのは事実。実際、2年間派遣されていない。(千恵子本部長が主導する強化プロジェクトの)『2020に入らなかったから派遣しなかった』と(千恵子本部長から)言われた」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  9. 9

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る