平身低頭は表向き 塚原夫妻がメディアに見せた“悪あがき”

公開日:

 リオ五輪体操女子代表の宮川紗江(18)の元コーチ速見佑斗氏(34)が昨5日、都内で会見を開いて宮川への暴力行為を謝罪した。度重なる暴力を認め、「お尻を蹴ってしまったり」と協会が認定していない暴力内容も告白。所属していたレインボーと大阪体育大との二重契約疑惑については「大体大にはマーケティング活動の申請を出して承認いただき、スポンサー契約を結んでいる」と全否定した。

 その一方で、宮川が訴える日本体操協会の塚原千恵子女子強化本部長(71)と夫の光男副会長(70)からのパワハラについて「自分たちが思っている意見が怖くて言えない。言うことを聞かないと(選手も指導者も)優遇してもらえないという意識を多くのコーチが抱いている」と訴え、「(宮川が)ナショナルトレーニングセンターの(使用)制限と海外派遣をされなかったのは事実。実際、2年間派遣されていない。(千恵子本部長が主導する強化プロジェクトの)『2020に入らなかったから派遣しなかった』と(千恵子本部長から)言われた」と語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る