平身低頭は表向き 塚原夫妻がメディアに見せた“悪あがき”

公開日:

 先月末から予定されていた速見氏の謝罪会見。ここで爆弾を投下されてはまずいと思ったのか、塚原夫妻はここ数日、パワハラ疑惑の火消しに躍起になっていた。宮川の告発会見から2日後に「反論文書」をリリースするも、メディアや体操関係者から批判が集中すると一転、「謝罪文書」を発表。その翌日には、光男副会長がテレビ各局のインタビューに応じ、「感情的になって、全部ウソと言ったことを猛省している」などと平身低頭だったが、やはりそれもあくまで表向きだった。

■テレビ局に条件提示

 あるテレビ局関係者がいう。

「インタビュー収録を受けるにあたって、塚原サイドから“条件”が2つ提示されたのです。『インタビュー映像を流すのは報道局主導の番組のみ』『朝日生命体操クラブへの引き抜きの話は一切するな』。交換条件、圧力みたいなものですが、情報番組いわゆるワイドショーは報道局主導ではないためインタビュー映像は使えないものの、その代わり、引き抜きの話題を余すところなく放送しています(笑い)。『引き抜きの話はするな』と言っている時点で、引き抜きしていると認めているようなものですよね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  4. 4

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  5. 5

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  6. 6

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    フランスの次は日本…トランプ恫喝で防衛費20兆円へ一直線

  9. 9

    片山さつき大臣の「カレンダー」無償配布疑惑に決定的証言

  10. 10

    インスタで稼ぎ両親に家 タイ12歳“スーパー女装子”大人気

もっと見る