平身低頭は表向き 塚原夫妻がメディアに見せた“悪あがき”

公開日:

 先月末から予定されていた速見氏の謝罪会見。ここで爆弾を投下されてはまずいと思ったのか、塚原夫妻はここ数日、パワハラ疑惑の火消しに躍起になっていた。宮川の告発会見から2日後に「反論文書」をリリースするも、メディアや体操関係者から批判が集中すると一転、「謝罪文書」を発表。その翌日には、光男副会長がテレビ各局のインタビューに応じ、「感情的になって、全部ウソと言ったことを猛省している」などと平身低頭だったが、やはりそれもあくまで表向きだった。

■テレビ局に条件提示

 あるテレビ局関係者がいう。

「インタビュー収録を受けるにあたって、塚原サイドから“条件”が2つ提示されたのです。『インタビュー映像を流すのは報道局主導の番組のみ』『朝日生命体操クラブへの引き抜きの話は一切するな』。交換条件、圧力みたいなものですが、情報番組いわゆるワイドショーは報道局主導ではないためインタビュー映像は使えないものの、その代わり、引き抜きの話題を余すところなく放送しています(笑い)。『引き抜きの話はするな』と言っている時点で、引き抜きしていると認めているようなものですよね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

もっと見る