レスリング川井梨紗子が世界連覇 “栄ロス”から完全脱却

公開日: 更新日:

 レスリングの世界選手権(ブダペスト)は23日(日本時間24日未明)、女子59キロ級決勝を行い、リオ五輪63キロ級金メダルの川井梨紗子(23)が、今年の欧州選手権を制したエリフジャレ・エシリルマク(トルコ)を8―0で下し、連覇(17年パリ大会は60キロ級)を達成した。

 絶対女王の吉田沙保里らが第一線から遠ざかる中、女子のエースとして出場した今年8月のアジア大会(ジャカルタ)では準決勝で敗れ、まさかの3位に終わった。今年4月には、高校時代から指導を受けてきた栄和人氏が日本協会強化本部長を辞任。6月には、至学館大の監督も解任された。川井を筆頭に女子代表に名を連ねる至学館大勢(OG含む)は、精神的に落ち込み、一時は練習に身が入らないなど、「栄ロス」に陥った。20年東京五輪に向けて、栄依存からの脱却が課題とされる中、川井は世界選手権連覇で独り立ちに成功した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  2. 2

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

  7. 7

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  8. 8

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

もっと見る