F3マカオGPで大クラッシュ 日本人カメラマンら5人が負傷

公開日:

 自動車のF3マカオ・グランプリ(GP)で18日、レース中に事故があり、日本から参戦していたドライバーの坪井翔(23)、日本人カメラマンを含む計5人が負傷した。いずれも命に別条はない。

 ドイツ人の女性ドライバー、ソフィア・フローシュ(17)の運転するマシンが、コントロールを失い宙に浮き、坪井のマシン上部に接触して飛び越えた。写真(ツイッター)はその瞬間。その後、事故車は、道路近くに設置された撮影エリアにクラッシュ、大破した。

 この事故で、フローシュが脊椎を骨折。自身のツイッターで「あす朝に手術を受ける予定」と報告した。マシンがヘルメットをかすめた坪井も腰痛を訴えて病院に搬送されたが、「精密検査もしてもらい、体は大丈夫です」「ヘルメットにも傷がついていましたが、本当に運が良かったです」とツイートした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る