F3マカオGPで大クラッシュ 日本人カメラマンら5人が負傷

公開日: 更新日:

 自動車のF3マカオ・グランプリ(GP)で18日、レース中に事故があり、日本から参戦していたドライバーの坪井翔(23)、日本人カメラマンを含む計5人が負傷した。いずれも命に別条はない。

 ドイツ人の女性ドライバー、ソフィア・フローシュ(17)の運転するマシンが、コントロールを失い宙に浮き、坪井のマシン上部に接触して飛び越えた。写真(ツイッター)はその瞬間。その後、事故車は、道路近くに設置された撮影エリアにクラッシュ、大破した。

 この事故で、フローシュが脊椎を骨折。自身のツイッターで「あす朝に手術を受ける予定」と報告した。マシンがヘルメットをかすめた坪井も腰痛を訴えて病院に搬送されたが、「精密検査もしてもらい、体は大丈夫です」「ヘルメットにも傷がついていましたが、本当に運が良かったです」とツイートした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  9. 9

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  10. 10

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

もっと見る