田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

バルサ安部&レアル久保…欧州チャレンジ組に言いたいこと

公開日: 更新日:

 日本代表MF香川真司(30)が2012年、英プレミアの名門マンチェスター・ユナイテッド移籍が決まった際、「ついにマンユーでプレーする日本人が出現した。この先、どこのビッグクラブに日本人が行っても驚かない。まぁ~レアル・マドリードやバルセロナだったら驚いてもいいかな」とうそぶいたものである。現実のモノとなった。6月にMF久保建英(18)がレアルに、そして7月には鹿島のMF安部裕葵(20)がバルサに移籍した。レアルは北米で、バルサは日本でプレシーズンマッチを戦っておりレアルの久保は日本時間の21日、米国で行われた独の強豪バイエルン・ミュンヘン戦の後半から登場して好パフォーマンスを披露。スペインの地元メディアから「レアルBチーム所属は間違い」と好意的に報じられた。

 24日(日本時間)のアーセナル戦は出番のなかった久保だが、バイエルン戦後のスペイン語での対応ひとつとっても<18歳の日本人>には見えない。ピッチ内外での堂々とした立ち居振る舞いなどは、まるで<トップのチームで結果を残した選手>のようである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  2. 2

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  3. 3

    武蔵小杉は浸水…著名人が住む“元祖”セレブエリアは安全か

  4. 4

    もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

  5. 5

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  6. 6

    被災地尻目に自衛隊を中東派遣「防災より防衛」のアベコベ

  7. 7

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  10. 10

    教師間集団イジメ 神戸市教育委はまだ事件を放置するのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る