田口光久
著者のコラム一覧
田口光久サッカー解説者

1955年2月14日生まれ。秋田県出身。秋田商高から三菱(現浦和)入り。76年に日本代表入りを果たし、日本代表Aマッチ59試合に出場。B、Cマッチを含めると161試合で代表守護神として活躍した。現役を引退する84年まで代表主将を務め、引退後は秋田経法大付属高、青森山田高、遊学館高、国際学院高サッカー部監督を歴任した。

バルサ安部&レアル久保…欧州チャレンジ組に言いたいこと

公開日: 更新日:

 日本代表MF香川真司(30)が2012年、英プレミアの名門マンチェスター・ユナイテッド移籍が決まった際、「ついにマンユーでプレーする日本人が出現した。この先、どこのビッグクラブに日本人が行っても驚かない。まぁ~レアル・マドリードやバルセロナだったら驚いてもいいかな」とうそぶいたものである。現実のモノとなった。6月にMF久保建英(18)がレアルに、そして7月には鹿島のMF安部裕葵(20)がバルサに移籍した。レアルは北米で、バルサは日本でプレシーズンマッチを戦っておりレアルの久保は日本時間の21日、米国で行われた独の強豪バイエルン・ミュンヘン戦の後半から登場して好パフォーマンスを披露。スペインの地元メディアから「レアルBチーム所属は間違い」と好意的に報じられた。

 24日(日本時間)のアーセナル戦は出番のなかった久保だが、バイエルン戦後のスペイン語での対応ひとつとっても<18歳の日本人>には見えない。ピッチ内外での堂々とした立ち居振る舞いなどは、まるで<トップのチームで結果を残した選手>のようである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  4. 4

    やっぱり?組織委&警察「五輪中止」折り込みドタバタ人事

  5. 5

    中日エース大野雄大に残留情報 巨人垂涎もコロナで資金難

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  8. 8

    大阪維新・冨田市長の前代未聞の公私混同 都構想に大打撃

  9. 9

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  10. 10

    ロッテ澤村でメジャー争奪戦か 欲しがる球団と積まれる金

もっと見る