鈴村裕輔
著者のコラム一覧
鈴村裕輔野球文化学会会長・名城大准教授

1976年、東京都出身。法政大学博士(学術)。名城大学外国学部准教授。主な専門は政治史、比較思想。野球史研究家として日米の野球の研究にも従事しており、主著に「MLBが付けた日本人選手の値段」(講談社)がある。スポーツを取り巻く様々な出来事を社会、文化、政治などの多角的な視点から分析している。アメリカ野球学会会員。

新型肺炎とインフルエンザに悲鳴を上げる球団経営者たち

公開日: 更新日:

 今年1月に明らかになった新型コロナウイルスによる肺炎の問題は、終息の見通しが立っていない。

 一方、新型肺炎以上に米国内で深刻な課題となっているのがインフルエンザだ。

■中国経済の停滞

 米疾病対策センター(CDC)によると、2019~2020年のインフルエンザの患者数は2月1日時点で2200万人を超え、死者数は1万2000人以上を記録している。

 目下、世界各国の最大の関心事である新型肺炎と米国内の脅威であるインフルエンザは、米国のスポーツ界にどのような影響を与えるだろうか。

 新型肺炎問題について、誰もがすぐに思い浮かべるのが、発生源と考えられている中国の経済状態の悪化だ。

 2014年に中国の習近平政権が「スポーツ産業を2025年までにGDPの1%程度まで成長させる」という新たな政策を示して以降、中国の有力企業は外国のプロスポーツチームの買収に乗り出した。一時、中国企業がACミランなどの欧州を代表するサッカーチームの株式を積極的に購入し、批判を浴びたほどであった。そして、昨年8月に中国の電子商取引最大手アリババ・グループ・ホールディングがNBAのブルックリン・ネッツを買収したように、従来欧州サッカーに向けられていた中国企業の関心は米国に向けられていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

    インド15歳少女の“愛の証”に世界が衝撃…HIV感染の「恋人の血液」を自ら注射!

  2. 2
    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

    夏ドラマ“爆死”のワケは「イントロが長い」から? TBS日曜劇場まで視聴率1ケタ台

  3. 3
    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

    大阪桐蔭は高校野球では無敵なのに…森友哉世代以降のOBがプロでパッとしない謎解き

  4. 4
    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

    森元首相が内閣改造人事で“黒幕”気取り 岸田首相への「お願いがその通りに」と大放言!

  5. 5
    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

    五輪卓球金・伊藤美誠に何が? 国内3大会連続敗戦のウラ側と五輪選考めぐるゴタゴタ

  1. 6
    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

    松山英樹「LIVに興味はある」と発言…カネで魂売ればイメージダウンは必至

  2. 7
    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

    大谷初の規定投球回クリアに…正捕手スタッシの「拙守と弱肩」という意外な泣きどころ

  3. 8
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  4. 9
    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

    降板を告げられた直後に「勝負せんか!」と一喝…権藤監督が何度も怒った理由

  5. 10
    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ

    血管年齢の「老化」と認知症につながる「糖化」を防ぐ食べ方のコツ