安彦考真
著者のコラム一覧
安彦考真

1978年生まれ。神奈川県出身。43歳。身長175センチ、体重74キロ。2018年に練習生を経て「年俸ほぼ0円」でJ2水戸と40歳でプロ契約。19年にJ3のYS横浜に「年俸120円」で移籍。同年開幕戦に41歳1カ月9日で途中出場。ジーコのJ最年長初出場記録を更新した。20年限りで引退。「おっさんJリーガーが年俸120円でも最高に幸福なわけ」(小学館)が発売中。オンラインサロン「Team ABIKO」も開設した。

「挑戦しようとするしている若者を支援して」それが願い

公開日: 更新日:

「今の日本は高齢者層はリッチなのに若者たちが貧しい。少しでも頑張っている人に投資してほしい」。過去3度のクラウドファンディングでJリーガーになる資金を獲得し夢をかなえたチャレンジャー安彦考真は、自らの経験をもとに改めてこう訴える。

 新型コロナウイルス再拡大により、10都府県の緊急事態宣言が3月7日まで延長されるなど、今の日本は混迷を深めている。今夏開催予定の東京五輪の行方も不透明。中止となれば、経済的なダメージは計り知れない。

「新型コロナ禍で国家財政は急速に悪化しています。景気が良くなる気配はないし、これから若者の就職率も低下し、先行きが心配になります。このまま行くと映画じゃないけど、本当に『日本沈没』になりかねないとさえ感じています。だからこそ、大人たちには現状を見て見ぬふりをしないでほしいのです。特に年配の方でお金に余裕のある方は、挑戦しようとしている若者を支援してほしい。『人生の逃げ切りを考えるのではなく、若者と一緒に未来を見据えながら頑張っていきませんか』と言いたい。それが切なる願いなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  9. 9

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る